スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴かず飛ばず

 さて、更新です。

 ポツリとそれなりの型を上げたことに気を良くした直後に一転、己の未熟さを思い知らされた前回釣行。悔しいのでその翌週も同場所で竿を出してきました。

 27日(日)
 鼻息も荒くリベンジと意気込んでましたが、近所の堤防で朝から弁当持参して夕マズメまで粘るのも如何なもんかと思い、昼から出発。コマセはオキアミ一枚にアミ2ブロックでV10一袋。堤防上は相変わらずの閑古鳥で、一人前回と同じテトラに陣取る。水は澄んでましたが、この日はナライっ気があり海面がさざなみだっていたため海中が丸見えとはいきませんでした。コマセを撒いてみるとゆったり左方向に流れるのが確認できる。
 
 風を考慮してG2の誘導で開始。投入時点でコマセと合わせると仕掛けが馴染む前にアタリがあり、20〜30くらいのが掛かる。水温が低いと言いながら、なんのかんのとメジナが掛かってくれる状況にホッとしつつも、これでは埒が開かない。仕掛けが馴染んだくらいでコマセとツケエが出会うように試行錯誤してみるもエサが残ってきたり、同サイズが釣れたり。これでは本当に思い通りの流し方が出来てるんだかわかんない。しかも段々と潮位が上がってきたのか、乗ってるテトラがほのかに波飛沫を浴び始める。海中に没するのはまだ先でしょうが、水に濡れて海苔で滑るようになると非常に危険。早めに高い釣座へ移動。
 
 足場が高くなったことにより、先程まではあまり気にならなかった風が厄介に思えてくる。心なしか潮もおっつけぎみになったようでやりにくい。0ウキにジンタンを多めに打ち、強制的に沈めるような仕掛けへと変更。沖目に投入して馴染ませていると30程度のがポツポツ釣れましたが、徐々にサイズダウン。どうやら中間距離にコマセを投入し続けた結果、小型が寄り付いてしまった様子。風も鬱陶しいので釣座移動。

 足場は悪いが風は背負えるテトラに移動し釣り再開。この時点で結構テンションがダウンしつつあり、なんとなく目の前の海からも覇気が感じられない。しかし時刻は16:00、夕マズメの時合を迎えるタイミングでなんとか釣果を出そうと考え直し、とりあえず仕掛けをG2に戻す。コマセを投じると沖向きを流れる潮に引かれる流れがあり、思いがけずいい感じ。合流点でなんか起きちゃうんじゃないかと仕掛けを入れるも、ちょうど流れがぶつかる辺りは山々へと沈む夕陽を受けて、眩いばかりに燈色に煌めいており全然ウキが見えない。

 仕方がないのであらん限りの妄想を掻き立て、シブシブに設定したウキが潮の壁に潜り込む様子をイメージする。妄想と現実のギャップを埋めるために糸も張り気味にして流しているとコツンと手応え。万感の思いと共にアワセをくれると、竿の胴にどっしりとした重みが伝わってくるも、直後ずるりと滑る感触があり結束部でラインブレイク。私のトーナメントゼクトSが西日に祝福された水面に消えていきました。

 一瞬だったので何が掛かったのか、どの程度の大きさだったのかは不明でしたが、なんかいるということは判明。魚影を目視したわけではないので、大したサイズではなかったと思い込むことにしてメンタル面でのダメージ軽減を図る。コマセを打ち込み、道糸を10メートルほど切って仕掛けを組む。より自然に馴染ませようと0ウキへチェンジして、じんわり沈むようにジンタン調整して再開。やがて穂先がグーっと引っ張られたので優しくアワせて、無事フッキング成功。重いけどガンガン突っ込むわけではない、テトラに擦れないように注意してヤリトリした後にサカナ浮上。トゲトゲしい背ビレと白っぽく見えた魚体に「アイゴかよ…。」とつぶやき、タモを伸ばして取り込み成功。そして、タモに収まったサカナを見てビックリ、クロダイさんでした。
P1270446.jpgずいぶん久々。

 思いがけず釣れちゃった、この低水温期でもいるんですねぇ。目測40ちょいかと思ってましたが、帰宅後メジャーを当ててみると47といいサイズでした。とりあえずスカリに吊るして追加を狙うもエサ取りが活発化したのか苦戦を強いられ、コマセも尽きたので終了。前回のリベンジという当初の目的は忘却の彼方へとうっちゃって意気揚々と帰宅。



 で、今週末。土曜は天気が悪かったので釣りは見送り、本日日曜もウネリが残るという予報だったため準備していなかったんですが、昼頃なんとなく海を見に行ってみたらベタ凪。速攻でコマセを手配して釣り行こうかと思いましたが、テトラ上に釣り人の影が見え、どうも釣座が無さそう。地磯行ってもこの時期、この時間じゃ空いてる場所探すのもしんどい。昼寝して気が向いたら夜メバルでもやろうと帰宅。ダラダラと過ごしていたら夜のゴロタに行くのも億劫になってしまい、結局竿を出さずじまいになりました。来週はがんばろうと思います。


 おしまい。
スポンサーサイト

コメント

No title

プリンスキンさん
こんにちは!
立派なクロダイですね、なにかしら結果を出すあたり
凄いです。
お約束のリンクは本日、貼らしていただきました。
水温がもう少し高くなったら一緒に地磯にでも
石鯛やりにいきませんか?八幡野あたりへ。
実はまだ一匹も伊豆半島では釣ってないので
今年こそは!と思っております。

No title

一太郎さん
ありがとうございます。相変わらずツキだけで釣った魚でしたが、久々のクロダイで嬉しかったです。
リンクの件もご無理言っちゃてすみませんでした。
石鯛いいですね、私も今年は更に気合いを入れて追っかけようと思ってますので是非ご一緒させてください。
八幡野で石鯛は2回しか挑戦してないのでまだ不勉強ですが、色々と情報を収集してみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。