スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しかったですよ。

 さて、授業が知らない間に休講になっていたので更新です。

 週末に釣り行ってきたのでそのご報告をば。


 7日(土)
 夕方宇佐美に帰る、そのまま就寝。この日Y氏は神津島釣行でお疲れだったので翌日はゆっくり08:00ぐらいに出発するということで合意。

 8日(日)
 朝から雨、行けそうな気もしましたがちょっと様子を見ることに。
 11:00雨が止んだので出発、竿作さんでエサ購入。前回ステキな釣果(Y氏だけですが…)が出た富戸周辺へと向かうことに。
 で、着いたのがツバ根。雨の影響か釣り人は0人でした。風もなく海も凪いでていい感じ。
ツバ根
こんな感じ。これならジャパンカップできたんじゃね?

 早速準備して釣り座に入りました、Y氏は左側先端に入りハナレ(ゾウリ根)との間に出来た潮目を狙う感じ。
Y氏は先端


 私は左側へ入って水道から抜けてきた流れと足元からのサラシが合流する辺りを狙います。
最初の釣り座
若干波を被って怖い感じ。

 すると1投目から20ちょいのメジナ(尾長)が釣れました、ぼーっと周りを見てたら竿をひったくる楽しいアタリで。

 その後3投目、ウキが気持ちよく入りました。さっきよりはいい引き。
アタリ。
足場が低いので波の様子を伺いながら慎重に取り込みました。

 上がってきたのは30ちょっとの尾長さん。いい調子です。
早々にヒット。
自然に不自然な笑顔になってしまいます。

 「今日は楽しい1日になりそうだぜ。」とか思っているとエサ取りが襲来、小メジナとキタマクラさんたちです。私が彼らに手間取っていると先端でY氏が連発。

Y氏も釣ります。
危なげないヤリトリで瞬く間に30クラスを3枚釣り上げました。

Y氏メジナ
やっぱこの人には敵わないなぁ…。

 で、ちまちまと20クラスを釣ってた私でしたが潮が上げてきて釣り座が結構波を被り始めました、危険なのでY氏の近くに移動。
釣り座移動
ネンブツとキタマクラしか釣れず。

 Y氏のポイントも沈黙してしまったみたいで彼も場所を移動し右側に出来たサラシを狙いに行ってしまいました。なので私はちゃっかり先端部へ移動。
更に移動。


 サラシが大きくなっていたので仕掛けを変更することに。0の全層仕掛けから先日入手した新兵器、YOU・SHI製「ビーンズ」を用いた『なんちゃってタナプロ仕掛け』に変更しました。
 これは釣具屋さんで教えてもらった仕掛けで、まずビーンズを付け、その下に00か-浮力のウキを装着する訳です。最近流行の下ウキの方が大きい二段ウキ仕掛けです。

 G2のビーンズに大昔に買って使ったことの無かった-G2のグレ専科を付けました、ハリスは竿一杯に取って直結です、ウキ止めはなし。
 投入してみると先ウキが潮を受けユルユルと沈み上ウキとの間に張りを作ってくれて非常にいい感じ。大体遊動が1ヒロ入ったくらいで竿に来る強烈なアタリ。

 思わず「デカい!」と叫びながらヤリトリをしてましたが海中で反転する魚体を見てがっかり。なんか茶色い…。
 Y氏のアシストで取り込んだのはやっぱりアイゴ、40はありました。
アイゴ、釣れました。
デカいので一応撮影。

 気を取り直して再投入、すると仕掛けが馴染む前にからまん棒が走りました、ウキに反応が出るまで待ってから合わせ釣れたのは30ジャストくらいのメジナでした。
 更に次の1投でも同サイズを追加、すごくいい感じ。でも仕掛け変更が功を奏した訳ではなくただタイミングが良かっただけっぽいです。
私にもそこそこ釣れました。
でもまぁ釣れると楽しいからいいか。

 そうこうしているとY氏が戻ってきました、やはりサラシがでかくて釣りにくかったみたいです。そしたら移動してすぐY氏にアタリ。
 Y氏、相変わらず釣ってます。
いい引きです。

 白熱したヤリトリの末上がってきたのはメジナ、今までのより大きいです。
嬉しそうです。
無事取り込んで一安心のY氏。

この日の最大魚。
計測すると35cm、この日2人で決めた目標サイズちょうどでした。


 その後、そろそろ終了かなー、と思っているとまたY氏がなんか掛けました。しかも「やべぇもん掛けた。」と仰ってます。確かにヤバイくらい竿は曲がってました、サカナは沖に走っているみたいでどうやらメジナではなさそう。なんだろうとわくわくしながらヤリトリを見つめていましたが残念ながらバラシ。ハリスをぷっつり切られてました。一体何者だったのでしょうか?
Y氏、謎の大物を掛ける。



 前回同様、最後の最後に正体不明の大物をバラシた釣行でしたが結果としては2人とも30クラスを連発でき楽しかったです。地磯、侮れませんね。

 


 おしまい。









スポンサーサイト

釣りとかトーナメントとかのお話。

 さて、早朝から元気に更新です。ちょっと間が開きましたが先週末の釣行などについて徒然と書いてきます。


 1日の日曜日は東レの入間予選の日でしたが前日の土曜に電話が掛かってきて「天候不順で延期です。」とのこと。OMG!
 しかも予備日の15日はY氏が中心となって開催する学釣連の磯大会の日、残念ですが出場は見送りっぽいです。早いとこ棄権の連絡しとこ…。

 で、大会が延期になったのでポッカリと空いた休日、もちろん釣りに行かないわけにはいかないので地磯へ出かけることに。行き先は相変わらず決めていない状態で06:00にY氏を迎えに行きそのまま伊東の竿作で解凍してもらっていたコマセを入手。釣り場を物色し始めました。
 
 天気はいいのですが台風の影響かウネリがけっこうひどかったです、実家の前の砂浜には早朝からサーファーがたくさんいました。そんな状況ですので釣りができる地磯も自然と限られてきます。Y氏が「まだ竿を出したことのない磯がいい。」と仰るので何となく足場が高くてウネリに強そうなイガイガ根周辺を探すことに。

 磯に着いてみるとカンノンガ根、イガイガ根は既に満員御礼状態。マル根は入れそうでしたがなんか釣り難そうだったのでそのまま自然研究路を歩き気が付いたら天馬尻まで到達していました。あまり歩きたくなかったから選んだイガイガ根周辺なのに結局がっつり歩いてしまいました、あぁ…。


 磯はこんな感じ。
天馬尻 1
景色だけはいいんですがね…。

 先釣者は1人だけでその人はトヨ根向かいに入っていました、状況を聞くとあまりよろしくないようです。挨拶して我々は先端から橋立方面で竿を出すことにしました。
 
 最初のうちは気にならなかったのですがこの磯、先端沖に大きな沈み根があってそこでウネリが増強されています。海面から結構高さがあるはずなのに波被りまくりで超危険。Y氏のバッカンが流されそうになるわ、(波とはあまり関係ないですが)何故か私の水汲みバケツのロープが切れたりと散々でした。サラシがでかすぎて上手く流せないし撒いたコマセにはフグが大量に寄ってるし、頭から海水浴びるし…。
天馬尻 大荒れ
 もうこんな感じ。


 そんな訳で早々に釣りを諦めY氏とメシ食ったり写真撮ったりして遊んでました。
悪ふざけ
こんな風に。


 しばらくウネリが収まるのを待ってましたがどうやら無理そう、仕方がないので場所変えを決意。殆ど使ってないコマセを背負って帰りました。そういえば最近覚えたのですが田中磯とか天馬尻に行く場合イガイガ根駐車場にクルマ停めた後は道路を歩いて500mくらい先にある喫茶店の横の道を行ったほうが楽チンですね、今度からそうします。

 あと天馬尻といえば恐怖のクレバスがあることで有名ですが実際怖かったです、出来れば二人以上で行って荷物を手渡ししたほうが安全かと。
天馬尻 恐怖のクレバス
情報として知ってても実際はかなりの高度感で足がガタブルですよ。


 で、無事クルマに戻りコンビニでアイス食いつつ次なる目的地を模索するもこのウネリでは磯は全滅っぽいので伊東港を最終目的地として途中いい感じの場所があればそこにする。という消極的プランになりました。(一瞬南下することも考えましたが駐車場であったおっさんに「下田から来たけどどこもだめだぁ。」と言われたので…)


 そんな訳で海沿いをドライブしていたのですが富戸に差し掛かったとき御根(宇根)付近が意外と凪いでることに気が付きました、しかも誰もいない。当然突入決定。
 こんなウネリじゃ富戸の地磯なんて全部海の底だと思ってましたが御根(宇根)と大根に限ってはそんなことなかったようです。

 波は被ってませんでしたが一応チャランボを持って私は先端部、Y氏は先端の少し高い場所に釣り座を構えました。仕掛けを入れると20cm前後のメジナが釣れてきてなんだか期待ができそうです。
初出勤のチャランボ
私の釣り座、せっかくなのでチャランボ初出勤。


 するとY氏にアタリ。かなりデカそうで白熱したヤリトリがなされましたが上がってきたのは40オーバーのアイゴさんでした。
Y氏 ナイスアイゴ
一応デカイのでY氏も大喜び。

 しばらくするとまたY氏、またデカそうです。上がってきたのはメジナさんで38cmの良型でした。
Y氏 メジナ
いい感じ。

Y氏 ナイスメジナ
Y氏、今度はホントに歓喜。

 どうやら先端、大根向かいのワンドがいいようです。私の方は目の前にゴミが大量に流れてきて絡むわ道糸切れるわで散々でした。私の落胆の横でまたY氏が何か掛けました。
 Y氏 格闘中
私は一時釣りを諦めてカメラマンに徹しました。

 またデカそうです、一瞬の隙を突かれ根に潜られたもののラインを緩めて再格闘。無事取り込んだのは先程と同サイズのメジナでした。
Y氏 取り込み
「ウキ釣り秘伝」に採用してもらいたいようなショットです。

メジナ
なんかY氏が久保野さんに見えてきた…。

 Y氏が「ハリスがズタズタになったから交換する、代わりにそこでやってていいよ。」と何も釣れない私に情けを掛けてくれたのでお言葉に甘えることに。

 結果的に言うと私にも釣れました40近いサンノジが…、恥ずかしいので写真は撮らずにリリース。これがウデの差か…。
上手い人はいいよなぁ…。
大人しく元の場所に戻りました。

 その後またもY氏にアタリがあるも予想外の大物で痛恨のバラシ、それも二連続で悔しそうでした。
Y氏またも格闘中
新調した白BBがキレイに曲がってます。

 結局この日はY氏の一人舞台でした、私も上手くなりたいものです。

 釣果。
 Y氏:メジナ25~38。3尾
    アイゴ40オーバー。1尾
    外道多数。

 私:メジナ20くらい。2尾
   サンノジ40くらい。1尾
   外道いっぱい。



 楽しい釣行となりましたとさ。




 さて、ここらへんで次回の釣行について少し。
 次回は妻良・伊浜でのシマノジャパンカップ予選に出場です、Y氏が。

 私はというと先日、一週間前になっても何の連絡もないので問い合わせたところ↓。

 私:ジャパンカップについて合否の連絡がまだ来てないのですが?
 受付の人:お名前と申し込んだお店を教えてください。
 私:○○と申します、○○店で申し込みました。
 受付の人:了解です、詳細が分かりましたらまた連絡差し上げます。
 私:よろしくお願いします。

 で、夕方↓。

 私が申し込みした釣具屋さん:もしもし、○○様ですか?ジャパンカップの件ですが今回は残念ながら抽選漏れだそうです、シマノさんから返金があり次第また連絡します。
 私:はい、分かりました。


 そんな感じ。なんだか?な部分が多く、釈然としない気もしますがまぁ、今更仕方がないでしょう。

 そんな訳で次回の釣行は南伊豆、もしくは西伊豆のどっかに決定。Y氏を妻良に送った後どこかに釣り行ってきます。

 おしまい。
プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。