スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理釣りデビュー。

 さて、ものすごく眠いのですが更新です。
 
 何故こんなにも眠いのか、それはついさっき釣りから帰ってきたから。そう、釣りに行ってきたのですよ。
 前回の日記にも書いた通り大学のサークルで釣りに行ってきました。行ったのは管理釣り場「フィッシングエリア吉羽園」。
 「今年度の釣研(サークル)最後の釣行だしリスクの高い湖行くより手堅く管釣りに行こうや。」と言うのがそもそもの発端らしいです。
 で、合計6人(全員男)でクルマ2台に分乗して04:00に出発、まだ夜も明けきらない05:50頃到着。レストハウスの中の水槽にいるでっかいバスに興奮したりしながら06:20頃釣りを開始しました。ただこの時に気付いたのですがこの釣り場、バス専門で他にもサカナはいるもののトラウトはいないとのこと、トラウトやるつもり満々で前日スプーンを買い込んだ私は途方にくれました…。
 
 私は管理釣り場なんて始めてですが予想以上に広くてビックリしました、ヘラ用の池が1つにバス用の池が2つあり、それぞれが広大な面積を有しておりました。
吉羽園 早朝
こんな感じ。夜明け前から釣り場に入るバカ者は私たちのほかにおらず貸しきり状態。

 出発時から薄々気が付いてはいましたが非常に寒かったです、私は防寒対策として5枚くらい重ね着していたのですが震えが止まりませんでした。嫌な予感。
 当然水温も低く、更に水も濁っていて他のメンバーはシャッドとかを投げ始めていました。ウチのサークルは基本バス釣り好きの集まりなのでこんな状況でもいろんな対策術を知っているようでした。
 しかし、バス釣りについては門外漢、しかも淡水におけるハードルアー不信症候群と言う障害(今作った用語、要はプラグでバスが釣れる気がしない)を持つ私とってこの状況はハードルが高すぎでどうしたらいいのか全く見当が付かない。
 仕方が無いので初っ端から1・5インチグラブ(メバル用)のノーシンカーという志超低空飛行というか最早墜落炎上リグで開始しました。当然の如く何も釣れない…。
 釣れるとかの問題以前に底も取れないし、全然お話になりませんでした。流石にこれではどうしようもないので若干軌道修正、釣行前日に買ったリトルスパダーとかいうグラブに1gぐらいのジグヘッド(これもメバル用)を付けて桟橋からオープンエリアに向かって適当にキャスト、超スローリトリーブという作戦に変更しました、湖底には石が結構あるようだったので期待度は少しアップ。
 そして20分後、誰も釣れずかなり気まずい雰囲気になっていたところでなんと私にアタリ。上がってきたのは25cmくらいのかわいいバスでした。
今年の初バス。
こいつ、ちなみに私の今年の初バス。

 これはもしかしたらイケるかも。とか一瞬思いましたがその後は何も無く終了、メンバー中バス釣ったのは4人だけでした。
 14:00、3人が用事と絶望感から撤退。その後残った3人で1時間粘るも状況に変化なし。合議の末、釣りの終了を決定、お疲れ様でした。
 



 寒かったけど取り敢えずバスが釣れてよかったです、親切にバスの釣り方教えてくれた吉羽円のスタッフさんありがとう御座いました。
おしまい。


  



 嘘です、まだ続きます。

 駐車場に向かう途中、次期部長であるS氏がポツリとこう言いました。
 「今から王禅寺いかね?」
 と言うわけで第2ラウンド開始が決定。川崎にある管理釣り場「フィッシュオン王禅寺」へと向かいました。
 途中、偶然見つけた釣具屋さん(なんと名前が行き先と同じ「フィッシュオン」)でトラウト用のルアーを購入。私は先述のように勘違いでスプーン大量に持っていたので買うつもりはありませんでしたが先輩Oさんがラッキークラフト「ベビークランク」をすごく推していたので思わず買っちゃいました。
ちなみにOさんはこの店で偶然中古のカルカッタコンクエスト(結構状態が良く、しかも安い)を見つけて即買いし我々に就職の決まった4年生の貫禄を見せ付けて下さいました。


18:30、王禅寺到着。3時間券を購入し釣り開始。吉羽園に比べると小さいフィールドでしたが辺り一面でマスがボイルし釣り人の竿が曲がっていました、心が折れかかっていた私たちのテンション急上昇。
私はまずスプーン投げましたがあまり反応がよろしくない、そこでOさんに教えてもらったクランクを使った釣法を試すとあっさりヒット、そしてハリ外れでバラす。
その後自分なりに試行錯誤を繰り返し3時間で7尾をゲットしました、管釣りおもしれぇ。
王禅寺にて
OさんとS氏はそれぞれ10尾以上釣ったそう、これが腕の差か…。

アタリはものすごくあったしバラしもかなりありました、ルアーに食いついたサカナはしっかりフッキングさせるというのが今後の課題になりそうです、まぁ次に行く機会があるかどうかは分かりませんが…。


この日がんばってくれたルアーたち
活躍してくれた方々。

 
 長くなりましたがこれが今回の釣行でした。何と言うか気が付いたらハードルアーでいっぱい釣れたし、管理釣り場も意外と面白かったしでなんだか新たな釣りの境地に目覚めそうな予感…。
 とにかくたのしい釣行でしたとさ、おしまい。
スポンサーサイト

雪とか釣りとかの話。

 さて、寒い日が続く今日この頃、更新です。

 突然ですが現在私のアパート周辺では雪が降ってます、なんか嬉しい。私は伊豆出身者なので雪を見ると無駄に興奮しテンションが上がる人間なのです。
 先週も近所で雪が積もったのですが嬉しくて外に出て写真撮りまくってました、雪だるまとか作りたかったのですが大学生が1人で雪だるまとか作ってたら不審者と間違われて通報されるかもしれませんので我慢しました…。もし今度積もったら友達誘って雪合戦でもしようかと思います。
 雪、マジすごい。
この写真撮ったときテンション上がりすぎて階段から転げ落ちたことは内緒です。


 で、話は変わり今度の釣行について。
 今度の釣りは管理釣り場でのバス・トラウト等です、場所は良く分かりませんがどっかの管理釣り場。明日の早朝サークルのみんなと出発です。
 超久々の淡水の釣り、正直普段だったらなにかしらの理由つけて断ってましたが今回は今年度のサークルの最終釣行なので参加します。昼間にラインと適当なルアー少し買ってきたので準備は万全。ルアー屋の店員さん曰く色んなサカナがいてしかも型がいいみたいなので楽しみです。まぁ、私はちっこいルアーしか使いませんがね…。

 あと今月号の磯・投げ情報にY氏が書いた記事が無事掲載されました、おめでとうございます。
 みんなの釣行記というコーナーの最後のページに載ってます、もしよかったら見てください。私の写真もありますよ。
 ちなみのこの記事によりY氏と私の本名、ならびに素顔が公開されました。わざわざイニシャルにしたり顔に黒線引いてたりした俺涙目。けど私の名前は誤字なので問題なし。
 まぁ、別にどうでもいいことなんですけどね、特に気にしてないし。
 もし釣り場とかで見かけたら気軽に声掛けてください、オドオドしながらくだらない話とかすると思います。
 
 ところでフカセですが来月の中旬まで行けそうに無いです、来週はバイトがあるし再来週は釣り博、いやフィッシングショーがあるし。
 取り敢えず明日の釣りは頑張ってきます、なにかしら釣れたら写真でも載っけようかと思っているのであまり期待しないで待っていてください。
 
 おしまい。
 

釣りに行ったらこんなお土産。

 さて、今日も更新ですよ。何故か最近頻繁に活動しているこのブログですが単に他にやることが無いだけです。釣りにも行ってないし。

 で、相変わらず書くことが無い、困ったものなんですが。
 なので適当に部屋に転がってたものを掲載しときます、その名も「アジの干物サブレ」。


アジの干物サブレ
箱。安っぽいローマ字とアジの絵、そして『伊豆』というテープが非常にクールです。


アジの干物サブレ 2
中身。意外と小さいサブレ本体、しかしそのキュートさで見るものを魅了する。

 
 正月に実家に帰ったとき友達へのお土産として買ってきたのですが渡す機会が無く未だに我が家に鎮座ましましている訳です。まぁ賞味期限は長そうなので問題ありませんが近いうちに渡そうと思います。

 ちなみにこのサブレは私のお気に入りで大体お土産買うとなると自然に選んでしまいます。もっと伊豆らしいものを買った方が喜ばれるのかもしれませんが…。
 
 けどこれも結構可愛くていいもんですよ?1箱(5枚入り)で500円位で、少人数向けにもちょうどいいし。バカっぽいところなんかもステキです。アジの干物ということで釣り人としてのアイデンティティーをそこはかとなく主張できるわけです。まぁ、パチもん臭さは否定できませんが…。

 私は製菓会社の回し者ではありませんが皆さんも伊豆へ起こしの際は1つ如何でしょうか?たぶん土産物屋の隅っこに置いてあると思います。


 そんな感じ、これからバイトに行ってきます。
 


 おしまい。

日記というより世間話。

 さて、今日も元気に更新です。昨日の今日で特に日常生活に変化が生じたわけではないので相変わらず腐ったような生活をしているわけですが今日は喜ばしいことがあったので。
 なんとブログ開設から早4ヶ月、ようやくコメント欄にまともな書き込みがありました。マジビックリ。まぁ、知り合いからなんですがね…。
 しかし、ネット社会の実力と言うものをまざまざと見せ付けられた気分なのでありますよ。

 と言う訳で今回はコメント欄にあるY氏の報告について感想と言うか返信と言うかそんな感じのものを書いてきます。
 ケータイで直接話すと言うのが効率的かつ常識的な手段なのでしょうが今(05:20)電話しても迷惑なだけでしょうし、私自身メールと言うものが苦手なのでこのような形になりました。くだらない話にスペース使うのはいつものことなので怒らないでください。

 で、Y氏から釣果報告があったわけですよ。中木の銀座で38と。
 私の記憶違いでなければ確かそこはY氏が以前から乗りたがってた場所のはず、乗れてよかったね。(非常にどうでもいい話ですが中木には新宿とか銀座とかハイソサエティーな名前のところが多い気がする。)
 私は恥ずかしながら南伊豆の沖磯なんて1回しか行ったことないのでこれ以上の内容は語れません。本題はこの後です。
 
 曰く、与望島で地獄度MAXのポイントを見つけた。とのこと。
 面倒くさい場所をいちいち見つけるんじゃありません。と言いたいところですがやはり気になる訳ですよ。
 だって地獄度MAXですよ?かの村越正海氏をして厳しいと言わしめる称号の場所な訳です。当然私のような軟弱者は見ただけで裸足で逃げ出すような秘境のはずです。上等じゃないですか。
 詳しい話と釣行の予定を立てるために近いうちに彼に連絡します。

 
 ↑のような事を書いててふと気が付いたのですがこのブログ、沖磯に行った(釣りに)という内容はよく考えたら1回しかありませんでしたね、まぁ管理人が貧乏学生というのが主たる原因なのですが…。だって今まで沖磯に渡った回数なんて1ケタですもの。
 そのくせ周りの人間には「オレは磯釣り師だ。」なんて言っているものですから本当に始末に負えません。困ったホモ・サピエンス、それが私。
 自分がダメだということは重々承知しておりますのであんまり虐めないでくださいね。
 
 そんな私ですが沖磯に行こうという気はあるんですよ?確かに金銭面で厳しいのですが他にも南伊豆までクルマで行くのが怖い(以前行った時は帰りに疲労感から危うく居眠り運転するところだった)とか近所の手石島は渡礁率が低いとか、主に自分の不甲斐ないところが原因なのですが色々と障害があるのです。
 そんな訳でこのブログの釣行記は専ら地磯、堤防が多い訳です。
 

 こんなブログでも私なりに頑張っているのです、定期的に見てくださってる方(現時点で確実なのは1人)はこれからも末永くよろしくお願いいたします。
 


 おしまい。

なんだかんだ言ってやる事があるのは幸せなんだと思う今日この頃。

 さて、更新しますよ。特に書くこともありませんが。
 

 なんだかこの1週間バイトのシフト提出をミスったせいで仕事が無く、おまけに大学行く用事もほとんど無かったためダラダラと自堕落な生活を送ってました、いや送っています。
 気を紛らわせるために本とか読んでいるのですが最近ミステリーに目覚めました、今まで手に取ることのなかった東野だとか宮部だとかの本を読んでおります、なかなかイイ感じ。あとセブンスターの箱が黒くなっててビックリです。
 
 釣りですがどうやら今月中はサークルのバス釣りが1回あるだけで海には行けそうにありません、現部長の最後の企画なので参加しますがなんと管理釣り場。ここ最近の私の釣り生活とは別世界になりそうです。というかバスの管釣なんてあったんだ…。
 このためにこの間は実家からワンピースの竿をスーツ姿で持ってくるという羞恥プレイをするハメになりました、普段平気で釣具持って電車に乗る私でも流石に恥ずかしかったです。まぁ偶のバス釣りなので楽しんできます、予定日は1週間後ですが。
 そうそう、最早このブログの影の主人公となりつつあるY氏が書いた記事が今度の磯・投げに載るそうです、おめでとう御座います。以前にこのブログでも書いたカドカケ釣行について書いて読者投稿コーナーに送ったところ採用されたようで、私の写真も送ったとか言ってましたからもしかしたら皆さんの目に触れることもあるかもしれません。もし載っても「キモい。」とか言わないようにしてください。


 と、まぁ近況はこんな感じです。
 

 やっぱり写真がないと寂しいので記事とはなんら関連性の無いのを何枚か載せときます↓。

サバ根 1



サバ根 2
この2枚は伊東の沖磯からの写真です。サンハトヤの近く、サバ根と呼ばれているみたい。渡船は現在やってないみたいです。
 じゃあ何故この写真が撮れたかというと答えは簡単。泳いで渡りました、去年の夏休み地元のバカ3人で。
 クロダイやったら面白そうな場所だと感じました、ちなみに渡ったときはパックロッド1本しか持って行きませんでしたがすぐにカサゴが釣れました、当然ですが場荒れはしてない様子。興味のある人は行ってみてください。大体5分くらい泳げば到着します。

三本岳
言わずと知れた名礁、大野原群島三本岳。これも去年の夏休みに撮りました。いつかは行ってみたい場所です。





おしまい。

なんかもうダメかも。

 さて、皆さんお久しぶりで御座います。大体1週間ぶりの更新です。
 成人式の関係でまた実家に帰っていたのですが居心地が良いもんでついつい長居してしまいました、その結果更新が滞っていた訳です、ハイ。そんな訳で今回もダラダラと近況報告的な内容でお送りします。前半は同窓会などの様子、後半(まぁほんの少しですが)は釣りの日記です。

 私の実家は成人式が13日にあったもので前日の12日、土曜日に帰りました。もちろん釣りを楽しむため。本来だったら金曜の夜に帰って翌日の早朝から釣りに行くのですがゼミの飲み会があったためこのような日程になってしまいました、まぁたまにはのんびり行くのもありかと。
 で、土曜日。天気予報で大体の予想は付いていましたが土砂降り、Y氏と与望島辺りに釣行予定でしたが当然中止になりました。残念なことです。仕方が無いので家で雑誌読みつつ脳内トレーニングしてました。

 日曜日、成人式。招待券(市から送られてくる葉書、これがないと会場に入れない)を紛失すると言う失態を犯す。でも会場で係りの人に事情を説明したら1分くらいで再発行してくださいました、身分証明書の提示とか求められなかったのですがこれって招待券の意味なくね?いや、私的には大助かりだったのですが…。
 式自体は小一時間ほどで無事に終了しました、4・5年前に新成人が壇上に上がって大暴れした歴史のある市ですので関係者の皆様はピリピリしてましたがどうやら杞憂だったようです。よかったね。
 式終了後は久しぶりに会う中学や高校の同級生らと昔話をして楽しみました、みんな久しぶりで結構雰囲気が変わっていたのには驚きましたが…。ちなみにこのブログにも度々(というか最近ほぼ毎回)登場するY氏は幼稚園から高校までずーっと同じ学校でしたが彼はなんつーかいつ見ても変わらないがする。
 
 夜は同窓会なんぞがあり市内のホテルで飲んでましたがかったるくなったので終了後は二次会にも参加せず気の合う友人4人(Y氏含む)でさっさと帰り、卓球やったりゲームやたりしてすごしました、楽しかったです。


 月曜日は昼まで寝て、更に二度寝して起きたのは夕方でした。そのまま一日が終了。
 
以下釣りの話。

 と、まぁここまでせっかく実家に帰ってたのに一度も釣りしていないという事実に気付いた私、これではイカン。そんな訳で火曜日、釣行を決意。ただ朝は寝過ごしたので夕マズメ狙いで行くことにしました。道具とか見たかったのでイシグロさんに行ってみたのですが閉まってる…。どうやら定休日だったご様子。まぁ仕方が無いか。でいつも通り竿作さんでオキアミ1枚とV9を購入。場所は散々悩んだ結果、実家から徒歩3分ほどの宇佐美港に決定。

 本当は城ヶ崎辺りにしようと思っていたのですがやっぱりいくら駐車場から近くて入釣が楽だとしても1人で磯に行くのはもしものこと(落水や崖からの転落等)を考えると危険だと考えたからです。プロの船頭さんが色々と面倒見てくれる沖磯はともかく(もちろんだからといって絶対安全でヘラヘラしてていいわけではありませんが)地磯というのはそのへんのリスク管理も釣り人の自己判断ですから慎重になるに越したことは無いでしょう。それに休日の夕方から入れるほど空いてなさそうですし。

 殆ど釣り人なんていないだろうと突入した宇佐美港、しかしここで問題発生。確かに人は少ないのですがよりにもよってその少数の人間(1人)が私の入ろうとしていたテトラに入ってる、なんてこったい…。落ち込んでてもどうにもならないのでテトラの際で竿を出すことにしました、普段はカゴのおっちゃんたちが入ってる場所ですがこの日は誰もいませんでした。何も釣れてないのかも。
宇佐美 テトラ際
こんな場所、正直先端のテトラより更に大物の気配が希薄。

 コマセを作ろうとしてもオキアミは解けてないし…、もうどうでも良い感じ…。結局配合のみのやる気0コマセで釣りしました、2時間ほどで終了。釣果?そんなもの知りません。


 悔しかったので夕食後メバル狙いのルアーに出撃。ベイトは結構いるみたいで時々小規模ながらナブラも発生して釣れそうな予感。ただよーく観察してみるとなんかベイトがデカイ、更に追ってるサカナもどうやらスズキ(フッコ)っぽい。メバル用のちっこいワームとジグヘッドしか持ってかなかったのですが見向きもされませんでした。家帰ってミノーでも持って来ようかとも思いましたが面倒くさいのでそのまますごすごと退却。いいことなし。

 翌水曜日、つまり今日。06:00に起床、先日解けることの無かったオキアミとV9を持って宇佐美港にリベンジ。当然誰もいなかったので先端テトラに陣取って釣り開始するも10cmもないような極小メジナの攻勢に遭う、心が折れて10:00前には終了。釣れたもの→極小メジナ:多数 ササノハ:1 メバル:1 キタマクラ:1
 
もうしばらくここには来なくていいや…。


せっかくなので最後にちょいと宇佐美港のポイント案内。
宇佐美 先端
ここは長い方の堤防の先端部、御覧の様にテトラが入ってます。ここで釣りするのは殆どフカセのメジナ狙い、たまーに条件が揃うとスズキもイケる。内側から渡る先端部の釣り場ではクロダイも釣れます(そう言えば外側のテトラでクロダイが釣れたって話は聞いたこと無いなぁ)。
釣りできる場所は大体3箇所あり、全体の収容人数は頑張って7人くらい。ただ基本的には1箇所に1人が理想、先釣者がいる場合は入って良いか聞く、もしくは素直に諦めたほうが吉。テトラに落ちてレスキューのお世話になった人もいるので乗る際は細心の注意を払ってください、幸いまだ死亡事故は起こっていませんので第1号にならないように。

宇佐美 港内
ちょっと見難いですが短い堤防があります(石積みではありません)、宇佐美でクロダイ狙うならここの先端右側が激アツポイント。秋のダンゴ釣りでは結構実績があります。密かにアオリも濃いですよ。
 



 そんな感じの1週間でした、おしまい。

さよなら冬休み、こんにちは試験期間。

 さて、冬休みも終わってしまいましたので更新です。やはり長期休みと言うのはいくつになっても終わってみれば短く感じるものですね、この法則は小学校の頃から変わりません。
 1週間くらい実家にいたわけですが同窓会やらなんやらで結局しっかりと釣りをしたのは1日だけでした。夕方30分だけルアー投げたり中学の頃の友達と季節はずれのバーベキューやったときついでにゴロタで穴釣りしたりはしましたが結局は大して釣りしませんでした、なんか残念です。
 しかしこんなことでへこたれる私ではありません、私の学部は今日から5日間で軒並み試験が終了します、地獄のような1週間ですがそれさえ乗り切ればあとは少量のレポート、そして長い長い春休みへと突入なのです。釣りにいける、もう楽しみで仕方ありません。



 そんなわけでこの間の釣行の写真を掲載します。ついでに簡単な説明なんかも。
1月3日 今年の初フカセというわけで向かったのは八幡野の橋立、高い磯が多いなかぽつんとある低い磯です(大ばい、小ばいは危険すぎて釣りできないので除外)、前回も書いたとおり入釣も楽々。04:00頃出発していつも通り伊東の竿作さんでエサを購入、暗いうちから突撃しました。
 
 で結局20cm足らずの小メジナ1尾で終了、カドカケに行くも満員で即撤退。その他めぼしい釣り場も釣り人が沢山いてすごすごと宇佐美へ帰ってきて釣りしました。
 以下、橋立の写真。
橋立 根元
なんだか一見良さそうですがかなり浅いです。
橋立 先端右側
この日の釣り座、他の場所がいっぱいだったから入りましたが波が這い上がってきて危険+浅い+潮動かない+逆光がキツイ等散々でした。
橋立 釣り座
釣り風景。エサ取りすらいない。
橋立 先端
先端方面を撮影。先端は結構いい感じで潮が通してました、ブダイ師が入ってたので釣りできませんでしたが…。
橋立 背後
釣り座から背後の崖を臨む、磯まで手摺りが付いてたりして入釣は楽チン、ただ岩がツルツルで滑りやすく注意が必要。


 で宇佐美です幼稚園の頃から通いつめた場所ですが如何せん大物の気配が希薄、大して期待もせずに先端テトラに入りました。ここは高校の頃まで私のお決まりの釣り座でした、25cmくらいのなら適度に釣れてくれますし極稀に正体不明の大物にハリス飛ばされることもあります。この日はコマセ撒いた瞬間おびただしい数の小メジナが乱舞しました。
 宇佐美 堤防先端から
宇佐美の堤防先端部からの眺め。
宇佐美港 釣り座

私が入った釣り座、初めての人は若干危険に感じるかもしれませんが乗ってしまえば足場はいいです(と言っても危ないと感じたら乗らない方が無難)。
宇佐美港 サンハトヤ方面
ちなみに釣り座からの眺めはこんな感じ、ただボーっとするにもいい場所です。

 取り敢えず彼らを足元に釘付けにしておいて竿2本程沖にある沈みテトラの周りを狙うことに。ゆっくりと左に流れていたので潮上に少量のコマセを固めて打つというパターンで開始。どうせ大物は釣れないと思い竿はチヌスペ1号、ハリスは1・2号、ウキは新しく買った釣研トーナメントα―Dの0αで全遊動にしました。ところでこの0αという浮力なかなかイイ感じです。
極小メジナと小メジナに翻弄されながら色々仕掛けをいじくってたらなんかイイ引き、30cmくらいのが掛かったみたい。
 竿が軟らかいので結構楽しい、足元のテトラに突っ込んできたときはヒヤッとしましたが流石がま磯、粘りがあってタメればしっかりとサカナを引き寄せてくれます。ただブチ抜くことはできませんのでY氏にタモ入れを依頼、無事ランディング。そして上がってきたサカナを見てびっくり、意外にいい型。メジャーを当てるとギリギリ40cmくらい、堤防でこんなの釣っちゃった…。
宇佐美港 メジナ
こいつ、今まで何処にいたのやら…。
宇佐美港 メジナ2
突然のお年玉に喜ぶバカ者。


 その後Y氏が夕マズメに30cm近いアジを3尾釣って終了、メジナは鍋の具と味噌漬けになりました。



 釣行記はこんなもんです。来週は成人式があるのでまた実家に帰ります、そして釣りします。またデカイの釣れればいいなぁ…。おしまい。

年が明けちゃいましたね。

 さて、年が明けてからちょいと間が空きましたが更新です、明けましておめでとう御座います。
 なんだか半月ぐらい更新も滞っていましたが私はそれなりに元気でした、釣りに行ってなかったのも原因といえばそうなのですが、もっと根本的な問題が発生していましたので…。
 まず最初に言っときますとこの期間にも3回程更新しようと試みたのですよ、タラタラ文章を書いて記事を保存→何故か更新されず文章が消える。
 
 最初はなにかの間違いだと考えてましたが3回も続くと結構なストレスになりまして、もういいやとか思って不貞腐れてたんです。けどせっかく2008年にもなったし釣りにも行ったので更新しようかなと思った次第。これで失敗したら私ブログやめちゃうかも。

 前置きはこれくらいにしておいて先日の釣果報告です。31日から実家に帰っている私ですが1・2日は家の用事があってまともに釣り出来ませんでした、で3日に例のごとく友人Y氏と出掛けてきたのですよ、今回の釣り場は八幡野にある地磯『橋立』。ハイキングコースからすぐ近くという磯でアクセスは抜群、今回は伊豆高原駅近くにある線路沿いの駐車場(無料)に車を止めてそこから歩きました、看板には「橋立吊橋まで0.7km」の文字。磯まで遊歩道が続いているので楽々、10分ほどで到着。
 釣り場日は既に5名ほどの釣り人の姿、3人はブダイ、残りの2人はメジナ狙いでした。右側と先端はいっぱいだったので左側で竿を出しました、しかし磯が低く波が這い上がってきてかなり危険、おまけに大して潮が動かず釣れたのは15cmくらいのメジナ1尾だけでした。

 11:00移動を決意、約束のカドカケへ向かうことに。そしてここでもトラブル、正月休みの観光客だらけで駐車場に入れない、20分くらい待ってから駐車場に入って釣り場を確認に行くと城ヶ崎の磯一帯は既に満員状態。昼からノコノコと釣りに行ける場所ではありませんでした。
 その後は富戸見たり、川奈の磯見たり、サンハトヤ裏見たりしましたがどこも人でいっぱい、気が付いたら宇佐美まで戻ってきてました。仕方がないので宇佐美港で竿を出すことに。まさか徒歩1分の釣り場にクルマで来ることになろうとは…。

 結果から先に述べますと釣れました、40cmのメジナが。先端テトラでヤル気なく流してたら偶然。
 何だかんだ幼稚園の頃から少なくとも1000回は通った釣り場ですが初めてこんなさかな釣りました、なんだか信じられない気分。Y氏は夕マズメに30cm近いマアジを3尾釣ってご満悦ですばらしい釣行になりましたとさ。



 なんだか書いてて面倒くさくなったのでここで終了、写真はまた後日載せます、おしまい。
プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。