スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏ですねー。

 さて、のんびりと時間の経過に身を任せていたら結構更新をサボっていることに気が付いたので更新します。

 いや、正確に言うと日記の更新をしてなかっただけでこのブログ自体には色々と手を加えていたのですよ、実は。カテゴリの整理と索引性の向上を図って失敗してみたり。突然作りたくなったバナーを製作してみたり、Y氏のブログにリンク張ったり。そんな感じ。

 と、言う訳で先日このブログ用にバナーを作成いたしました。
 
 それがコチラ↓
バナー

 大きめサイズ↓
バナー



 何と言うか、捻りの無い画像です。元ネタはあれ。皆さんご存知の『非常口マーク』です。見たことが無い人を探すのが難しいくらい有名ですよね。適当にネットで画像を拾う→ペイントを使ってリペイント→フリーのバナー作成ソフトを使って→「ハイ、完成。」。 一応、公共のデザインを用いるので、細かいことをちょろっと調べましたが問題はなさそうです。

 左のバーでツンデレた説明もしております通り、リンクフリーです。なぜなら私もまたフリーダムな存在だからです。←謎

 まぁ、作ってはみたもののリンク張ってくださるような御人はいらっしゃらないと思いますので結局は私の自己満足ですね。バナーを『作った』けど生産性は0みたいな?いないとは思いますが万一これを使用する際には一声掛けてくださるとありがたいです、喜んじゃいますよ。

 因みに画像の人物は竿とバッカンを持って海へと疾走しているイメージです。元ネタの意味を考えると現実(バイトとか学業)の「非常事態」から精神的に安全なスペース(趣味の釣り)へと続く「非常口」へと駆け込んでいる、所謂「現実逃避」を暗示しているかのようにも深読みできます。この説明、たった今考えました。

 
 で、Y氏のブログですが。先日私のアパートに彼が遊びにきたので「リンク張っていい?」と質問したところ彼が快諾してくれたのでリンク張りました。右のバーにリンクがあります、『釣魚少年放浪記』という名前です。この間までは『Seaside irregulars』でした。敬愛する高橋哲也氏の著作に対するリスペクトでしょう。この間抜けブログと違って、かなりアツい記事が多いのでこのブログを御覧の皆様、是非足を運んでみてください。

 リンクを張った後に「せっかくだから…。」と調子に乗ってリンク用のバナーも作成しました。
 
 それがコチラ↓
NoBanner
 これもペイントで製作、今度は1から自分で作りました。夜中一人で悶々としながらマウスをいじって1時間程で完成。一応メジナのつもり…。



 よくわからない感じですが今日はこのへんで…、おしまい。
スポンサーサイト

現在のボクにできること。

 さて、なんだか知らない間に7月も後半戦に突入してました。テストやらレポートやらで色々と忙しかったような気もしますが別にそんなに忙しいわけでもなかった気もします。まぁ、どっちでもいいや。
 幸いなことにテスト等の関門はなんとか突破できたので今日は久しぶりに麻雀とかしました、オンラインゲームですがね。そして当然の如く回線の向こうに座っている見知らぬ対戦者にボッコボコにされました。なんかね、もうダメって感じ。
 で、そのままアパートに帰ってコンビニ弁当食べるというのも切ないので「たまには自炊でもするか」と思い途中、スーパーに寄って食材を購入してきました。何も考えず衝動的に店に入ったのでその時点ではまだ何作るか決めてませんでした。まぁ、元々私の料理のレパートリーは貧弱なのであれこれ悩む必要も無いのですがね…。どうしたものかと思っていたのですがふと最近読んだ本を思い出しました、その名は『カレーライスの謎~なぜ日本中の食卓が虜になったのか~』。授業の合間にふらっと生協に行って買ってきた本です。ちなみに同時購入したのは東野圭吾さんの『天空の蜂』と歌野昌午さんの『葉桜の季節に君を想うということ』。私は本屋さんで同時に3冊買うことが多いのです。

 まぁ、私についてのトリビアなんて誰も求めていないでしょうから話をこのまま続けます。この本ではカレーライスの誕生とその歴史を辿っているのですがこれがなかなか面白い。各メーカーによるカレールーのコンセプトの違いとかは実に興味をそそります。
 そんな訳で今夜のゴハンはカレー…、ではなくビーフシチューです。だってね、その本読んでから最近は学食やらCoCo壱やらでカレー食べ続けたんだものちょっとは違うもの食べたいなーって。けど米砥いだりするのめんどくさいしなー、けど麺類って気分でもないしなー。まぁ久しぶりにシチューでも作るか、季節はずれな感じがなんだかオレにはあってる気がするし。そんな経緯。大した理由じゃないですね…。

 で、材料選んでたら牛肉が高いこと、仕方がないので豚肉を選択。ビーフシチューじゃなくてポークシチュー?どっちでもいいですがね。
 タマネギを切り、ニンジンを切り、ジャガイモを切り。「肉はワインに浸すといい」とかどこかで聞いた気がしますがウチには無いので日本酒で代用。同じアルコールだし大丈夫でしょ。そして無意味なこだわりとして説明書の倍以上時間を掛けてじっくりコトコト煮込んで出来上がり。
シチュー、作りました。タマネギが跡形も無く溶けてました、いい感じ。
 味も悪くなかったので一安心、けど量を作りすぎたのでこれから数日間はシチュー週間になりそうです。

 くだらない文章をダラダラと書き連ねたところで次回釣行のお知らせ。来週末にまた実家に帰って釣りしてきます。釣具屋さんに修理を依頼した愛竿がいつ頃戻ってくるのかが若干の不安要素ですがきっと間に合うでしょう。修理といえば先日シマノのサイトでチラッと調べたところ交換部品、♯1の値段が約8000円でした。ちょっと痛い出費です。ですがこれも愛すべきBB-Xのため、あの子のためなら多少の出費は厭いません。だから早く元気になって帰ってきてくれ。それだけが私の望みです。

 あー、それとウチの大学の教職員釣りクラブ様よりハゼ釣りのご案内を頂きました、9月の予定です。船の上でてんぷら作ってくれたり色々と楽しいので参加する予定。今から楽しみです。



 そんな感じ、おしまい。

記録魚のきろく。

 さて、なんだか急にこのブログを更に充実…、というか無意味に弄りたくなったので私の記録魚集なんかを作ります。
 そんな訳で左側にあるカテゴリに『記録魚集』というのを追加します。私がこのブログを始めてから釣り上げたサカナさんたち、彼らを種類別に分けそれぞれの最大サイズ(私は通常重量を測ってないので無記入)の画像を載せておきます。
 尚、たった今突発的に作ったルールですが。
 
 1、長寸で判断。
 2、1cm刻みで計測。
 3、メジャー等と一緒に写っていてサイズが分かるもののみ掲載。(タバコの箱といったものとの比較写真は不可)
 4、当然ですが私自身が釣ったもののみ掲載。
 
 といった感じです。まぁ、適当に考えたので今後変わる可能性はあります。

 あと注意点としては
 
 ・サカナの種類の判別は私が分かる範囲で行います。(学術的にどうだとか、メバルで黒とか赤とか金とか私には判別できなさそうなので…。もし間違っていたりしたら報告してください。)
 ・上記のルールにも書きましたがこの記録集に載せるのは『私がブログ始めてから釣ったサカナで、尚且つ画像で残っているもの』なので他の日記にはこの記録集に載ってないサカナの話も載せることがあるかもしれません。
 
 ぐらいですね。


 この記録集は記録の更新した場合、順次書き換えていく予定です。…記録更新できればね。
 それと「こんなちいせぇサカナ自慢してんじゃねぇよ、カスが。」とか言わないでくださいね。では、掲載スタート↓。

口太 40cm カドカケ 07/12/08
 口太 40cm カドカケ 07/12/08
 初の40オーバーでした、思い出の1尾。

口太 40cm 宇佐美テトラ 08/01/03 
 口太 40cm 宇佐美港テトラ 08/01/03
 初釣りで何故か釣れてくれた心優しいサカナ。上のと同寸なので掲載。

尾長 31cm 中木 白根 08/05/16
 尾長 31cm 中木 白根 08/05/16 
 マルキューの大会の時に釣れたサカナ。…取り敢えず尾長の記録更新が目下の最優先課題である気がします。

クロダイ 50cm 田中磯 08/05/17
 クロダイ 50cm 田中磯 08/05/17
 交通事故的に釣れた1尾。記録更新は困難かも…。

イサキ 38cm 中木 白根 08/05/16
 イサキ 38cm 中木 白根 08/05/16
 初めてのイサキ。大会で釣ったのですがそのとき私が釣ったどのメジナよりデカかったです。

ブダイ 36cm 墓下 08/03/29
 ブダイ 36cm 墓下 08/03/29
 メジナ狙っていたら釣れた1尾。その日は結局メジナは1尾も釣れませんでしたとさ…。

メバル 29cm ツバ根 08/04/19
 メバル 29cm ツバ根 08/04/19
 メジナ狙いで釣れた方。惜しくも尺には届かず残念でした。

久々にデカかったです
 マゴチ 59cm 宇佐美港 09/05/04
 なんか予期せずに釣れてしまった。けど嬉しい。

 …なんだか見返すとあまり数が多くなくて寂しいですね、これからは外道でも(例えサンノジだとうとアイゴだとうと)しっかり記録を取っていこうと思います。


 おしまい。

君のことも、忘れない。

 さて、釣りに行ってまいりましたので元気に更新です。相変わらず暑いですね…。

 11日(金)
 前回の日記に書いた通り宇佐美のゴロタに行ってきました。ネンブツダイしか釣れませんでした。ウキ2個とヒシャク1本(マルキューの)をロストしました。もう当分行くことは無いと思います。

 12日(土)
 06:30起床、ダラダラと準備をしていると実家の飼い犬が何故か私のバッカンの中に入ってました。
犬 in バッカン

 面白いのでしばらく放っておくと居心地がよかったのか眠り出す始末…。
気持ち良さそう。

 磯に連れて行くわけにもいかないのでさっさと追い出して出発しました。ヤツのことはこれから『釣研犬』と呼ぶようにします。

 で、07:30頃出発、Y氏宅を訪問して彼を拉致った後、宇佐美駅で彼の後輩であるO君を拾い竿作へ向かいました。エサ購入後、向かったのは相変わらずの富戸『ツバ根』。
今日のツバ根。
なんだか最近よく通っている気がします。ちなみにこの日磯に向かう途中で私の背負子が天に召されました…。


 先客のルアーマンがいたので挨拶をして私は先端左側、Y氏とO君は右側の奥に釣り座を構えいざ釣り開始です。
Y氏とO君はあっち側。



 で、開始5分後。


 …暑い、限りなく晴れ渡った空と容赦なく照りつける太陽、そして無風…。海水浴とかいったレジャーにはうってつけの天候なのでしょうが逃げ場(日陰)がない磯は灼熱地獄と化していました。私は磯シューズを持っていないので夏でもブーツ履いていくのですが足元からものすごい熱気が伝わってきます。ライジャケ着ているせいで上半身も熱が篭もりもう大変。なんだか高校の頃の部活(剣道)を思い出しました。

 サカナはというと小メジナがコマセにちらほら、そして20cmクラスがポツポツといった状況でした。あとアジ(たぶん真アジじゃなくてメッキとかそういうの)も結構釣れてそれなりにはたのしかったです。

 でも灼熱地獄の中、そんな獲物ばかりでは段々と士気も削がれていくというもの。小まめに休憩を挟んで水分補給しつつダラダラと釣りしてました、Y氏は「夕マズメに備える。」とか言って日陰で眠り出す始末。
 私はコマセを多く(何となく3枚も買っちゃった。)買いすぎた関係で休まず釣りしていたのですが15:00頃、先端のサラシが徐々に大きくなり左へ流れる潮と合流しいい感じの潮目を形成し始めました。「いい感じじゃね?」と思いサラシの根元にコマセを入れ、仕掛けを沖の流れに乗せて潮目を狙うとアタリ。なかなか元気な引きを見せてくれたのは35cmの口太さんでした。
地磯目標サイズぴったり。
暑い中頑張った甲斐がありました。

 早速昼寝をしているY氏の許にサカナを持って行って撮影してもらいました。
嬉しいです。

 ただ、ここで大事件が発生。足場の低い場所での取り込みだったためリールを巻きすぎて愛竿のBB-Xの穂先を折ってしまいました。超ショック。トップガイドから3cmくらい下でポッキリいってました。
 大事に使ってきた愛竿をこんな形で破損させてしまった自分の不甲斐なさに暫し絶望していましたがずっとそうしている訳にも行かないので予備竿のがま磯チヌスペシャルⅡを取り出し釣り再開。
 以前マックを踏んで折ったり、カドカケでバッカンごとデジカメを流失したり…。こうやって釣り人は一人前になっていくのですね…。


 んで、気を取り直して先程と同じポイントを攻めていると仕掛けが底ギリギリまで入ったところでまたアタリ、上がってきたのはカワハギでした。
カワハギさん。
なんだかこの磯、カワハギの魚影が濃い気がします。

 一応地磯の目標サイズも上げたしお土産として格好のターゲットであるカワハギもゲットしたので後はのんびり釣りしようと思っていると今回が磯釣り2回目であるO君に結構いいアタリがありました。
O君、ヤリトリ。
釣り経験自体は豊富なだけあってなかなかしっかりしたヤリトリです。
 そして上がってきたサカナは口太、計測したところ30cmありました。
二回目の磯釣りで30ゲット。
私がフカセ始めてから30cmの壁を破るのに数年掛かったというのに彼は僅か二回でその壁を破ってしまいました…、これが才能ってやか…。

 こんな感じで俄かに時合突入となりY氏も起き上がりみんなで20後半から30クラスまでの数釣りができました。やっぱ釣れると楽しいですね。
まぁ、この人はいつも釣ってますよね。
Y氏の釣ったメジナ。

チヌ竿、軟らかいです。
チヌ竿はよく曲がって気持ちがいいです。

楽しい。
このクラスを満喫。

 そんなこんなでメジナの小気味いい引きを楽しんでいるとY氏に今までとは違うアタリ。
サバ、釣ってます。
縦横無尽に走り回る元気のいいサカナ、その正体は…。
サバ、回ってます。
サバでした。
 どうやら夕方になりサバが回遊してきた様でここからサバ祭りが開催。O君も釣ってました、Y氏も3尾追釣。どれも40cm近くいい引きをしてました。私には釣れませんでいたがね…。

 で、サバとメジナの引きを楽しんだ後、Y氏が前々回同様に正体不明の大物をバラして終了。O君を駅まで送って家へと帰りました。
 今回釣ったメジナとカワハギはその日の夜に刺身にして堪能しました、夏は磯臭いとされるメジナですがキッチリ血抜きをしたお陰か臭みはなくおいしく頂けました。
おいしかったですよ。
メジナに比べ血抜き(というか裁くのに失敗した)に問題があったカワハギは臭くて刺身にするより煮たほうがよかったと感じました。

 13日(日)
 この日は手石島かカドカケに行くとか書いた気がしますが前日に愛竿BB-X XT を破損させてしまったのでそれらの磯には行きませんでした、予備竿として一応初代オレガも持っているので問題は無いと言えば無いのですが、やっぱり心情的に「BB-Xじゃないとダメえぇぇぇ。」って感じなので見送り。
 かといって前日に余ったコマセを放置するわけにもいかず15:00頃実家を出発して10分後くらいに何となく潮吹きに到着、現地で久しぶりに宇佐美の常連師と再会したりしつつ2時間ばかり竿を出し釣れたのは多くのネンブツダイと25cmのアジでした。カゴやってたおっちゃんたちは最大で50cmくらいあるサバを大量に捕獲していました。
 で、帰宅後は前日のメジナの余りをフライにして、その日に釣ったアジを刺身にして食べました。おいしかったです。


 そして14日(月)、つまり本日。クソ暑い八王子の片田舎へと帰還してブログの更新をしている次第であります。BB-X はいつも道具買いに行ってる釣具屋さんへ修理をお願いしてきました。早く元通りの姿になってもらってまた一緒に釣りに行きたいものです。
  

 そんなこんなで楽しい釣行になりましたがそれなりに失ったものも多かったです。


 おしまい。



溶けてしまう…。

 さて、うだるような暑さの続く今日この頃、更新です。

 つーか暑い、暑すぎる。部屋中に熱気が篭もりまくりで超大変。私は(自分の)部屋でクーラーを使わないことを美学としているのでここ最近の暑さには本当に参っています。扇風機使っても吹いてくるのは生暖かい風だけだし…。けど、ビールがおいしく飲める時期になりましたね、その辺は歓迎してます。

 昨日は学釣連の総会が品川の海洋大であったので参加してきました、6月に開催された大会の結果報告とかね。
 前回参加したときは「もう二度とこんな会議出席するもんか!」とか思いましたが今回はまとも、というか普通に会議していました。良かったです。成城の奏さんの発案によりトラウト大会も開催されそうだしY氏による秋の磯大会の開催も実現しそうです。めでたい。それとこの会議で今まで話したことの無かった方々ともお話しすることが出来ました、楽しかったです。学釣連も段々自分にとって居心地のいい団体になってきた気がします。

 
 まぁ、学釣連のはなしはこれくらいにして個人的な釣りとかの話を少し。
 何度か書きましたが今度の釣行は来週末です。けど木曜にバイトが入ってなかったので木曜に宇佐美に帰って金曜から釣りする予定。Y氏は学校が既に夏休みに突入したので昨日から宇佐美に帰ってますが色々と都合がつかず一緒に釣り行くのは土曜だけになりそうです、残念ですね。

 で、相変わらず何処に行こうか迷ってます。金曜日は実家のクルマが使えないもので行動範囲が狭いし…。そんなこと考えながらブログの管理者画面を弄くっていたら「サーチワード画面(どんな言葉で検索してこのブログに辿り着いたかを表しているヤツ)」でやたら『大崎堤防』とか『手石島 尾根』とかが多いことを発見しました。なんかもっと『東伊豆 地磯』とか『超カッコイイ釣り人』とかそういうので検索されたいもんです。

 まぁ、そんな世迷いごとはほっといて、『大崎堤防』つまり『ケーソン』ですよね?かつての私のホームグラウンドの。なんでだろう?まぁ、理由は定かではありませんがこのブログを訪れている方の中には『大崎堤防(ケーソン)』の情報を求めている人が多いと。じゃあ、久しぶりに行ってみようかしら。
 しかしケーソンねぇ…、自分の腕が未熟なせいもありますが何となく釣れる気がしないなぁ。台風で崩壊後釣りしたのは1回だけだし、釣り座も少なくなっちゃたし…。どことなく魅力に欠ける気がしてしまいます。
 
 んで、色々と考えて取り敢えず決定した釣り場は宇佐美のゴロタ。ここならケーソンからも近いし。
 今まであんまりいい結果残していないのには変わりありませんが何となく夢は多そうです。水温も上がってきて状況も良さそうですしね。以前(小・中学生の頃)は「とにかく遠くへ。」ってことで長根とかの方まで歩いていってましたが最近衰えるばかりの私の身体ではちと辛い。なので(宇佐美側から歩いて)最初の岬周辺でやろうと思います、あそこなら結構沖まで狙える岩あるしね。平日だし人もいないだろう。狙いはもちろんメジナ、それも40オーバーです。サブターゲットはムラソイ・カサゴ、若しくは大アジ。あと秘かにマダイ・クロダイ狙っていることは秘密です(昔、釣り上げている人を見たことがある)。

 土曜日は城ヶ崎か富戸の地磯、ただこの日はY氏が大学の後輩を連れてきてその子が伊東に到着するのが08:00ぐらいになるので混雑してそうな磯には行けそうにありません。「尾長釣ってやる!」とカドカケにでも…、と思ってましたがまず無理でしょう。連着寺周辺なら空いてるかな?

 日曜はY氏不在の単独釣行、上記の「サーチワード」でも多かった手石島。出来れば尾根に行きたいなー、と思ってます。まぁ、渡船屋に連絡してみないと分からないことですが、予約で一杯だったり「1人じゃ無理。」とか言われるかもしれないし…。無理だったら早起きしてカドカケを目指します。



 楽しい妄想は尽きませんが現実世界では大学の試験期間が迫ってきています、釣行をエンジョイするためにもこれらの現実的問題点をクリアせねばなりません。がんばろう…。





 おしまい。
プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。