スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいまー。

 さて、宇佐美から帰ってまいりました。なので更新します、サクッとね。

 24日(日)朝、私がなにか胸騒ぎのする夢からさめると、外が雨であることに気がついた。そんな訳で早朝からの出発はひとまず見送り。様子を見るも昼を過ぎても一向に回復の兆しがなかったので諦めて出発。そして小田急に乗って小田原に到着したとき衝撃の事実に直面した。

 東海道線、止まってる…。

 雨量が規定値を上回ったため小田原、熱海間での運転が見合わせになってました。更に実家からの連絡によると昼から伊東線もストップとのこと。まいったな…。

 途方に暮れていると再度実家からの連絡、曰く「熱海までは迎えに行ってやるからどうにかして来い。」とのこと。結局在来線より早く復旧した新幹線を使って熱海まで行きました。たった一駅移動するのに新幹線を使うなんてセレブだぜ、オレ…。

 で、無事宇佐美に到着。日もとっぷり暮れていたし何より大雨で釣りどころではないのでそのまま就寝。1日が終了しました。

 25日(月) 05:00起床、外を見ると雲は厚いものの雨は降っていなかったのですぐさま準備を整えて宇佐美港へ出発。堤防の先端付近に釣り座を構えました。先釣者1名。
 サビキを投げると一投目からカマスゲット。その後もカマスやイワシが結構釣れました、その後それらとは異質な引きを見せて上がってきたのはワカシさん。
ワカシ
今年の初ワカシでした。

 アタリの途絶えた09:00頃帰宅、そして昼寝。夕方も釣り行く予定でしたが雨が結構降ってきたので断念。変わりにイシグロ行って翌日の釣りのエサやらを買い込んできました。
 ちなみにこの際、中古コーナーでYOU・SHIのチャランボ(¥9000)を発見。思わずリアクションバイトしそうになりました、かなり悩みましたがもうチャランボは持っているので購入は断念。
 
 夕食で朝釣ってきたカマスのフライ食べました、おいしかったです。


 26日(火)05:00起床、またもや宇佐美港へ、先釣者2名。知り合いのおっちゃんでした。
 先日とは異なりこの日はイワシが連釣、偶にアジやカマスが混じってきました。ついでにショゴもゲット。なかなかいい感じです。
 のほほんとサビキを引いているとテトラから投げていた人にただならぬアタリ、サビキに掛かったイワシにフッコが食いついたみたい。結局足元に突っ込まれてバラしていましたが全体で2回ほどこういうことがありました、イワシにスズキが着いているみたいです。私にはヒットしませんでしたがね…。
結構釣れた。
この日の釣果(朝の部)

 で、夕方。「もうイワシとかはいいや。」と思ったのでダンゴやりに行くことに、場所は相変わらずの宇佐美港。先端内側、テトラの際で竿を出しました。この時も知り合いがいたので暫しおしゃべり。15:30頃釣り開始。
 コマセは紀州マッハ+荒挽きサナギ(900g)、それと予備用の波止ダンゴチヌ。タックルはチヌスペ、ウキは遠矢ウキのダンゴ用。ハリス1.5号を竿一杯に取りオモリ無しでスタート。

 この釣り座、目の前に駆け上がりがあるので投入点によって水深に差が生じます、テトラを境目にして左側が深くなっててそこに沈みテトラがあります。なのでその沈みテトラ周辺に向かって投入。久々のダンゴなので勘が鈍り空中分解…。めげずに投入、トップを抑えるよく分からないアタリ。試しに合わせるとなかなかいい引き。上がってきたのは27cmのカイズくんでした。
カイズゲット。
取り合えず本命魚が釣れて満足。

 5投目ぐらいで釣れちゃった、いい調子です。そして勝手に「今日は収穫祭だ。」と脳内で決定。あとはいくらでも釣れると想像して、キープは30cm以上とルールを設定、そしてリリース。今になって思えば甘すぎる判断でした。

 その後はクロダイどころかカイズ・チンチンも釣ることなくアイゴを1尾釣っただけで終了。晩御飯にはイワシの煮物が出ました。

 27日(水)05:30起床、ちょっと寝坊したため既に堤防上には4名の釣り人がいました。ウチ2名が知り合い。サビキは前日に引き続いてイワシが多いそうです。
 1投目、イワシ5匹ゲット。「今日も大漁の予感。」とか思ってましたがその予想は見事に裏切られました。
 その後はいくら投げても音沙汰なし、忘れたころにイワシがポツポツ…。知り合いの方々は早めに見切りを付けて帰っていきました。どうしたものかと悩んでいるとテトラの上でルアーを投げていた人にフッコがヒット。さらに他のルアーマンも70cm近いスズキを釣り上げました。「やっぱ、スズキも回ってるんだなぁ。」と一人納得。そしてサビキをルアーに付け替えスズキ戦線に参加、集中力が続かず10分で脱落。
 我ながら情けないのですがただ黙々とルアーを投げ続けるのが苦手なんですよね、ワタシ。

 そんなことしている間に日は昇りサビキではちょっと厳しい感じに。10匹足らずのイワシ持って帰っても仕方がないのでそれらをエサにブッコミをすることにしました、こんだけイワシが寄っているんだからスズキだけじゃなくてヒラメとかマゴチも元気だろう…。
 とは言え仕掛けなんて持ってきてないのでインチクにイワシくっつけて投げるだけ。堤防内側、曲がり角にあるテトラからやりました。
 ただ、身が軟らかいので投入毎にイワシが外れる…。アシストフックを追加してどうにか仕掛けの投入が成功したところでいきなりアタリ。しかし、合わせるのが早すぎたためハリ掛りはしませんでした。すぐさま同じポイントに投入。
 またアタリ、今度は充分に送り込んでから合わせるとなんかすごい引き。あっという間に根ズレでラインブレイク。たぶんエイでした。どうでもよくなって帰宅。

 昼飯後、散歩がてらにこのブログ観覧者にファンが多いと推測されるケーソン(大崎堤防)に行ってきました。
今日の大崎堤防。
今日も平和。

 で、さっきアパートに帰ってきたという訳。眠いですがこの後バイトがあるんで頑張ってきます。



 おしまい。
 
スポンサーサイト

さらっと。

 さて、ちょびっとだけ更新です。次回の釣行とかについて。

 たぶん明日から宇佐美に行ってきます、本日バイトが夜勤なので翌朝の始発前後で帰郷する予定。サビキとかやってみようと思ってます、あとそろそろカイズが元気になってきそうなのでダンゴもやるかも。

 あと、学釣連の全国大会が近づきつつあるみたいです、S先輩からメールがありました。今のところは出場するつもりです。

 それと突然ですがBS見れる人は今週放映されているNHKの『にっぽん釣りの旅』を見ることをおススメいたします、きっと面白いものが見れるはずですよ。興味が湧いた方は右側のリンクからY氏のブログへ飛んでみてください。


 そうそう、先日書いた「夏~」の件ですが結局見つかりませんでした、伊豆でまた探してきます。



 以上、よく分からない日常報告でした。

 おしまい。

呼ばれている気がするんです…。

 さて、突然ですがちょっとこれから夏を探しに行ってきます。
 

 おしまい。

そう言えばこの間釣りに行ってきました。

 さて、なんだか気力が無くて釣り行ったのに更新してませんでした、若干ではあるものの回復したので更新します。船乗ってルアー投げてきました。

 14日(木)06:00頃アパート出発、07:30頃に平塚到着。08:00集合ということでちょっと早めの到着だったためかそれらしい人物は居ませんでしたが隅っこでじっと待っているとチラホラとそれらしい人たちが集まってきました、とはいえ知り合いの姿は確認できず。どうしたものかとは思いましたが取り敢えず声を掛けることにしました。
 声を掛けると向こうも私が今回の釣行の関係者だとすぐに気付いてくれました、一通りの挨拶を交わした後は他の参加者が集まるまで釣りトークしてました、釣り好きってすぐに共通の話題で盛り上がれるところがステキですね。

 そうこうしているともう08:00、この時点では結構知っている顔が揃っていました、奏さんと船宿のクルマに分譲して港へ出発。
 10分後到着。今回は奏さんの知り合いを集めた仕立船だったため出港時間等にそれほどの縛りは無かったものの皆さん早く釣り場に出たい一心で急いで準備してました。
浅八丸さん。
今回お世話になった浅八丸さん。スタッフの皆さんがとても親切でした。
船。
今回乗った船、船釣りなんて殆どしたこと無いから楽しみでした。因みに私の釣り座は船尾左側、Y氏とY氏の友人T氏と隣り合わせでした。

 色々あって09:00頃に出発、以外に波があって船が揺れる…、船宿で酔い止め飲んできて正解でした。既に沖に出ている僚船が鳥山に当たったみたいで我々もそこへ向かっている様子、そして20分程で到着、海上には大量の海鳥が乱舞していて正に鉄火場状態。
 船長の「はい、やってー。」の掛け声と同時に奏さんがジグを速攻投下、5秒後にヒット。30cmクラスのサバが上がってきました。これを見てテンション急上昇、私もベイトタックルで即投入、タナは大体20m付近とのことでまずはそこまで落とそうとカウントしていると5カウント目でラインの放出が止まりました、?と思ってクラッチを切り竿を上げると青物特有の元気な動きが伝わってきて海面に姿を現したのはサバさんでした。こっから怒涛の入れ食い(サバ)の開始。

 入れパク状態で私の13リットルのクーラーがすぐに満杯になりました。私はサバだけで満足してましたが慣れている方々はトップウォーターを使ってシイラ狙いに切り替えてました、実際ペンペンクラスながらシイラがポツポツと上がってました。
 そんな光景を横目に私はひたすらジギングに精を出しサバの水揚げに血道を上げていたのですがふいにルアーがサバの層を抜けたのか結構沈んでいきました、たぶん5、60メートル位入ったところでジギングを開始すると2シャクリ目でガツンとなにやらヒット、そしていきなり走り出す。
 これまでのサバとは明らかに異質な引きを見せるサカナが掛かりました、正直バスロッドじゃ話にならない…。結局いいように走られて最後にラインがプツン。一体何者だったのでしょうか?

 その後はY氏とT氏にも似た様なサカナが掛かったりしましたが結局姿は拝めませんでした、奏さんや船長曰く「小型のメジかワラサ。」だそうです。

 で、12:00頃に帰港、この船宿さんは釣ってきたサカナの三枚卸しサービスをやっているので依頼しました、前日に出刃買った私ですがこれほど大量のサバをアパートで一人捌くのは無理だと思ったからです。それにしても全参加者23名のサバを5,6人で捌いている光景はなかなか見ていて面白かったです、実家の祭りでやってたアジの開き大会を思い出しました。

 そしてここで重大事実が発覚、私は氷代をケチってアパートからペットボトル氷を持っていっていたのですがそれでは保冷力が弱すぎたようでキープしたサバが痛んで危険な状態に…。結局船宿の人に比較的状態がいいのを選りすぐってもらうことに、そしたら持って帰れそうなのは全体の半分以下…。なんてこったい。
 しかも「絶対に生食するなよ。」ときつーく釘を刺され〆サバ計画はこの時点で頓挫しました、残念。次回の釣行からは大量に氷持ってきます。わざわざ捌いてくれた人たちとサバさん、ごめんなさい。

 その後は帰りの電車の中で爆睡、サバはから揚げにしました。色々と不安が付きまといましたが何事も起こらずおいしく頂けたのでよかったです。




 このライトルアーという釣り、お手軽で手堅いので釣り初心者にも充分おススメできそう。今度知り合い連れて行ってみようと思いました。次回はもっとハードなタックル持って謎のサカナにリベンジでもしたいですな。

 おしまい。

私の釣行前夜。

 さて、昨日も書きましたが明日は平塚沖釣行でございます。なので本日も昨日に引き続き諸々の支度をしておりました。釣具屋さんに行ったりね。

 それで買ったもの↓
 クーラー1個。メタルジグいっぱい。

 クーラーはシマノのスペーザライト130にしました、色は青ね。正直すごく迷いました。まず大きさ、シリーズ最小なのですが13ℓ、(そんな事滅多にありませんが)爆釣だったり、50cmオーバーのメジナとか釣ったときに大丈夫かなぁ、と。もう一回り大きいほうがいいかなぁ、とか思いましたが私の場合は地磯釣行がメインなのであんまし大きすぎても持ち運びに苦労しそうだし…。
 しかも色がなぁ…、ホントは白が欲しかったんですが在庫が無くて青とオレンジだけ。この二択だったら迷わず青なのですが『スペーザライト130、青』ってY氏とモロ被りなんだよなぁ…、一瞬オレンジにしようかとかベイシスにランクアップしようか迷いましたが結局ライトの130、青を選択。現在実家で釣りしているY氏に一応電話を入れときました。

 で、ジグも買いました。30g前後を5、6個、アシストフックも同時購入。もちろん鯛ラバも買いました。更にアパートに帰る途中でスーパーに寄り、出刃包丁も購入。アフター対策もバッチリ、我ながら完璧です。
おっけー。
万全の布陣。

 後は明日朝寝坊しないように気を付けるだけですね。ワクワクが止まらない…、ちゃんと起きられるかしら?
 


 超楽しみ、おしまい。

今度の釣り場は海の上。

 さて、ちょろっと更新です。

 なんか最近、バイト→酒盛り→バイト。のエンドレスループに嵌りつつあり全然夏らしいことをしていません。でもね、そんな状況にも変化が見られそうなんですよ、実は。

 そんな訳で明後日、平塚に釣りしに行ってきます。それもなんと船上からライトルアー。サバやらシイラやらが釣れるみたい。すごく楽しみです。
 そもそも学釣連の関係者(というか奏さんの知り合い)が集まって一隻貸し切るみたい。こんな楽しそうな企画を発案してくれた奏さんに感謝です。

 今日はその準備として近所のルアー屋さんへお買い物へ行きました。中古のルアーを取り扱ってて値段も手頃なのがステキなお店です。ただバスショップなのでソルト用のルアーは少なかったですがね。取り敢えず「あった方がいいよ。」と言われたペンシルとミノーをちょっとだけ買ってきました。
 けど本来のメインルアーであるメタルジグが手持ちだけだとちょっと心許ない…。あと、キープするためのクーラーも買わなきゃ。なのでまた明日釣具屋さんに行く予定。…購入予定リストに鯛ラバが入っているのはここだけの秘密です。

 それとこの釣行に持っていくタックルですが久々にバスタックルなんかを持って行こうと思ってます。長いことバスなんかやってないので触るのが久しぶり。一応スピニングとベイト両方持ってますよ。ただワンピースロッドなので持っていくのに難儀しそうですが…。




 まぁ、どうにかなるでしょう。聞いたところまずボウズはなくてしかも一杯釣れるみたいだから超楽しみ、沢山サバ釣って〆サバを堪能しようと思います。

 おしまい。

夏休みっていいですね。

 さて、先週末に宇佐美に行ってきたので更新します。釣りとかしてきたですよ。

 1日(金)15:00頃に宇佐美へ到着。トボトボと海岸線を歩いて実家に到着しました。そしてすぐに道具をまとめ、原チャリに跨り出動。宇佐美堤防でサビキでもやろうと思っていましたがなんと夜の花火大会の準備中で立ち入り禁止でした。仕方がないのでそのままケーソン(大崎堤防)へ。
ケーソン
 誰も居ませんでした。一人黙々と投入を繰り返すも反応なし、なんだかすごいゴミが浮いてるし、崩壊の影響か20mくらい沖から急激に浅くなってて根掛り連発するしいいことなし…。釣果0。堤防の根元に居るネコたちと戯れてから帰りました。
ケーソンネコ。なんかいっぱいいる。 

 で、夕方。19:00頃の電車で宇佐美に帰ってきたY氏と地元の友人N氏と共にお祭りへ繰り出す。出店を覗いた後は海岸線へ移動し花火観賞。2、3年振りに宇佐美の花火見ましたが私が子供の頃より寂しくなった気がします。せつないなぁ。 
花火。花火って、うまく撮れませんね。

 2日(土)この日はY氏がクラブの例会で中木に行っていたので個人釣行。前日の花火大会後に竿作さんで購入したコマセを持って向かったのはイガイガ根。到着は06:00頃でした。
イガイガ根先端。
 先端の高場に先釣者が1名いたので声を掛けて先端の低い場所に入れてもらいました。夏のメジナ狙いの必須条件である潮通しの良さで言ったら申し分のないポイントです。早速コマセを投入、そして夏を感じさせるカラフルなおさかなさんたちが大量に登場。もう、帰りたい…。
 オーソドックスに分離作戦で攻めているとアジがヒット。外道ではありますがお土産ゲットということで悪くは無い。更に仕掛けを投入、またアジ。もう1回投入、アジ。次もアジ、その次もアジ…。

 ちょっと心が折れそうになりました、仕方がないので際を攻めようと足元に目を移してびっくり。竿1本ほど沖に攻撃色に染まりまくったシイラ、推定50cmが泳いでいるではないですか。「もらった…。」と思いつつロッドケースからエギロッドを取り出し、ジグの準備をしましたが準備が完了する頃にはその影は消えていました。残念。

 まぁ、せっかく準備したのでジグをキャスト。ノホホンとしゃくっていると足元でなんかヒット!元気な引きを見せてくれたのはカンパチの若魚であるショゴでした。
ショゴ(カンパチ)
ちっこいけどよく引く。楽しいです。

 次の一投でも釣れて正に確変突入状態、一人悦に浸っていると、何故か海から私を呼ぶ声が聞こえました…。「海神様からのお告げかしら?」と振り向くとそこに居たのは漁船に乗ったおっちゃんでした。「何釣ったぁー?」と聞かれたのでショゴだと答えたところ、船に向かってルアーを投げろと仰る。意図は理解できませんでしたが取り敢えず従うことに。大体10mほどの距離だったのでおっちゃんを直撃しないように注意してゆっくりキャスト。無事成功。そしておっちゃんがなにやらゴソゴソやってる。「よーし、巻き取れー。」と言われたので回収すると私のメタルジグに更に別のメタルジグが付属していました。おっちゃんを見ると「それじゃ軽くて飛ばねーだろ、デカイのやるからそれ使え。」とのこと。
 突然の出来事に驚きましたがお言葉に甘えてそのジグを使うことに、おっちゃんを見ると彼も漁船から漁そっちのけでジグ投げてました。
漁師さんもジギング。
楽しいオヤジだぜ。

 その後は特に何も起きず、フカセに戻りましたがこちらもアジしか釣れませんでした。状況も好転しそうになかったので昼前に帰宅。途中、釣具屋に寄り青イソメ購入。

 16:00、昼寝から起床し、宇佐美港へと向かいました。ちょい投げでシロギスを狙います。宇佐美港のちょい投げシロギスポイントはいくつかあるのですがこの日は小堤防の先端が空いてたのでそこに入りました。ここは沖に岩礁地帯が控えており、シロギスの魚影が濃いことは勿論のこと、たまにマゴチやシタビラメといったサプライズな獲物が釣れたりするポイントです。
 やる気なく仕掛けをサビいているとアタリ。プルプルと小気味いい引きを楽しませてくれたのは本命シロギスさんでした。
シロギス
結局1時間ちょっとでシロギス4尾釣って終了。

 2日(日) この日は釣りというより「海で遊ぼうぜ!」的な一日でした。Y氏と地元の友人N氏とバーベキューすることになりました。向かったのは宇佐美のゴロタ。
ゴロタ。
 一通り準備が済んだところで肉を焼く係をY氏に任せ、私とN氏は泳ぎに行きました。まぁ、密漁者と勘違いされたらイヤなのでゴーグルも足ヒレも持っていかなかったため、ただプカプカ浮いてるだけでしたがそれなりに楽しかったです。
 その後はお食事とお遊びタイム。なんか久々に心から笑えた気がします。
Y氏、ワイルド。
肉塊を食らうY氏、ワイルドです。
カラーグラビア風味。
N氏、ブラジリアン柔術で鍛えた身体がとってもセクシー。生活良好さん、広告に採用してください。
 …私の水着姿は見苦しいので割愛します。


 で、ひとしきり海遊びを満喫した後に向かったのは宇佐美の堤防。夕涼みがてらサビキなんぞを楽しみました、小中高とお世話になった釣り人と再会したりしつつカマスやらアジやらを結構ゲット。
カマス
アブラカマス。30cmくらいあってなかなか引きました。

 その後、あまり釣果の上がらなかったY氏が灯台によじ登り記念撮影。
Y氏、登頂成功。
青春ですなぁ…。因みに彼はこの後海へ飛び込みました。←嘘

 釣り終了後はN氏宅でN氏の兄を交えて麻雀しました。海で遊ぶ→釣り→麻雀。の黄金コース。たっぷり夏を満喫して月曜にアパートに帰ってきた訳です。すっげー楽しかった。結局メジナは1尾も釣れませんでしたがね…。


 そんな感じです。おしまい。



 
 




プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。