スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり海はいいものだ…。

 さて、どういうわけだか釣りに行ってきたので更新です。

 昨日、アパートでボケーっと何も考えず…いや、釣りのことだけ考えていたら奏さんから着信。曰く「伊豆に釣りに行かない?」とのこと。当然二つ返事で快諾して一路江ノ島に向かい、拾ってもらいました。

 んで、3月20日23:30、釣り場到着。メバルポイント開拓開始。

 相変わらずメバル釣りは右も左もわからないので奏さんに教えを請いタックルの準備。エギロッドでした、リールはアルテ2500。途中の釣具屋さんで購入したPE0.8号結んでウキ付けて、ワーム付ければ完成。竿とかが違うだけでほぼフカセの仕掛けと変わりませんな。

 「こんなけったいな仕掛けで釣れるんかいな?」的な気分で仕掛け投入、カスリもせず。「大事なのは忍耐力。」と自分に言い聞かせ第二投目。くるくるリールを巻いているとなんだか重みが…、その後サカナらしい感触が伝わってきて大慌て。

 真っ暗でなにも見えないのでとにかくゴリ巻き、よくわからないままブッコ抜いたのはメバルさん。アレ?釣れちゃった…。
メバル1偶然の産物。

 前回来たときとは打って変わってサカナからのレスポンスが非常に良好でびっくり。ホントに釣れるんだ…。

 で、その場所で何投しているとまたもや変な重みが。
メバル22匹目。

 よくわからんですが偶々魚影が濃かったみたい。その後1尾追加したところで場所移動。ちなみにここで釣れたのは全部20~23cmといまひとつのサイズだったので皆様海にお帰り願いました。今後の成長に期待といったところでしょうか。

 その後、テクテク歩いてちょこちょこ投げてみたものの反応なし、また最初のところに戻ったものの奏さんが大物バラシたのみでまた移動。

 そんで次の場所、なんとなく仕掛けを信頼できるようになったので真面目に投げ続けているとアタリ。さっきまでのよりよく引く。思わず「デカイです!」とか言いながら上がってきたサカナさん。奏さんのアシストで取り込んだのはメバル、けど思ったより大きくなく26cm。
メバル3コイツは持って帰っておいしく頂きます。

 なんというか今までメバルっつーとフカセの外道くらいでしか釣ったこと無かったんですが、改めて狙ってみると実によく引くサカナですね、これ釣ったとき「オレ、きっとメバルロッドじゃ25以上のメバル取れない…。」と感じました。というか暗闇でのヤリトリは状況が全くわからなくて怖いです、楽しいけど。

 とまぁ、完璧初心者の私ですがビギナーズラックというやつか4尾のメバルをゲット出来て有頂天。更なる追釣を目指し投入を繰り返しましたが慢心故か次に釣れたのはフグでした。
フグこいつも意外と引きました。

 その後は海草に引っかかったのをアタリと勘違いして大騒ぎして恥をかいたりしつつ反応もなくなったので大幅に場所移動。ついでに対象魚変更。磯で朝マズメにアオリイカを迎撃するミッションに移行しました。

 んで、磯到着。先釣者は2名、フカセとカゴでした。しかし、アオリやるのにちょうどいいポイントはお留守。奏さんは早速エギング開始、そして私が準備した竿は13ft。リールは5000番で糸の先には裂波の14cm…。すいません、久しぶりに長い竿が振りたかったんです…。

 昨晩は非常に快適なメバル釣りが行えた海。波なし、風なし、サラシなしといった状況下で「ヒ」で始まって「キ」で終わる名前のおサカナが釣れるなんて毛ほどにも思っていませんでしたが、買ってから殆ど使ってなくて不憫だったし、勿体無いし…。

 当然何の反応もなく、プラスチックを投げて海中を攪拌する作業を5分程繰り返したところでギブアップ。いそいそとタックルを仕舞い、エギの準備をしていると奏さんの竿がしなってる。

 そんで出ました、アオリイカ。
アオリイカ。極々小さなアタリにアワセを決めたそうです。

 開始数投で釣ってしまうとは…。
奏さんとイカ。やはり卓越した技術をお持ちです。

 この光景を目撃し、私も無心になってエギをシャクリ続けましたが徒労に終わりました…。

 その後はカサゴ狙ったりしたものの反応はなく、諦めて帰路に着きました。アパートに到着し、件のメバルの下処理を終えあとは晩御飯を待つだけです。メバル食べるの久しぶりなんで楽しみ。

 今回、というかここ最近はめっきり奏さんのお世話になりっぱなしで感謝の言葉もありません、前回も書きましたが本当にいい先輩で、これからも是非一緒に釣行していろいろ教えてもらいたいものです。本当にありがとうございました。

 そんなこんなで久々に海の釣りを堪能し、潮っ気も充填したので今後の生活もパワフルに過ごしていきたいものです。
 

 おしまい。

スポンサーサイト

トラウト大会行ってきました。

 さて、のんびりと更新です。

 就職活動中でなかなか釣りに行けない今日この頃ですが先日行われた学釣連のトラウト大会に参加してきたのでちょこっと書き残しておきます。

 管理釣り場での釣りはこれが人生2度目の経験で、もう右も左もわかりませんでしたが何故か持ってたトラウトロッドとアルテグラを携えて参戦してきました。前日にスプーンとかネットとか買って準備は完了。

 当日の夜にヒロキくん家にお邪魔してから奏さんのクルマに乗せてもらって会場にいきました、車内では相変わらずの釣りトーク満載で非常に楽しかったです。

 千葉にあるトラウトポンドNOIKEさんで開催された今大会、学釣連初のトラウトということで来年度からの本大会開催に向けたいわばプレ大会的なものだったのですがこれがものすごく面白かった。

 管理釣り場ということでフィールドが狭く、参加者全員が近い位置で釣りが出来たというのがよかったです。対岸見ながら「あっ、今○○さんが釣った!」とか話したりとか。

 ついでにサカナがよく釣れる。全くの初心者である私ですら全体を通してなんだかんだ10尾以上釣れました。しかし、上級者の方々を見ていると初心者でもサカナの顔を簡単に見れるのと同時に腕の差が顕著な釣りでもあると実感。やはり日頃の鍛錬が大事ですな。

 まぁ、最初に書いたように初めから最後まで笑顔の絶えない非常に楽しい大会でした。来年もぜひ参加したいです。個人的にもトラウトにハマりそうな予感。

 んで、例の如く私は写真撮り捲っていたのでいくつか掲載しときます。フォト蔵にも上げておくので使用する方はどうぞご自由に。

トラウトよく分からないですがこの色のスプーンが調子よかったみたいです。

S先輩S先輩も参加してました。当日会場で出合ってビックリ。

おにかさごさん相変わらず学釣連は知り合いが多くて楽しいです。

奏さん釣りまくってました。

4年生の戦い。早掛け競争での1コマ。

奏さん、ヤリトリ中。このときはダブルヒットでした。

早掛け競争楽しそうです。

バス釣ってた人。何故かバスが釣れてました。


 そんなこんなで本当に本当に楽しかったトラウト大会でした。

 奏さんやS先輩はもう4年生で卒業なのですがこれからも一緒に釣りに行って色々と教えてもらいたいです。

 思えばS先輩と初めて会ったのは06年度の関東支部磯釣り大会。大学入学間もなく、何もわからないまま学釣連大会に一人で参加。茅ヶ崎の磯屋で一人オドオドしているときに偶然、同じ大学のS先輩と会ったときはなんか凄く安心しました。それからも一緒に三宅島行ったりマスターズ行ったり、JSFGに参戦したりとお世話になりっぱなし。Y氏以外でフカセをやる同年代の人に出会ったのはS先輩が最初でいろいろと刺激を受けました。大会の時も秘かにライバル意識持って挑んでいたことは今だから明かせる裏話といったところでしょうか。

 奏さんと初めて会ったのは07年度の関東支部の磯釣り大会でした。相変わらず前日の終電で茅ヶ崎に行って、漁港近くのガストで時間潰していたときに(もう卒業されてますが)海洋大のK瀬さんと一緒にご来店されてその場で紹介されました。当時は現在のようなお付き合いさせてもらうようになるなんて予想もしていませんでした。でも、その後他の大会やJSFGでご一緒してから段々と仲良く。ホントに釣りの守備範囲が広い人で、ルアーは勿論のこと様々なことを教えてもらいました。

 学釣連というものに関わることでたくさんの得難い先輩・友人と出会うことができて本当に感謝しています。大学入って何がよかったって、これらの釣り好きの方々と知り合えた事だと本気で感じています。

 学生という括りではもうご卒業の両名ですが、これからも末永くお付き合いさせて頂きたいと思っておりますのでどうか私のことも忘れずにいてください。



 んで、そんな学釣連の大会があった週の終わり、世間ではホワイトデーとか言われている日にD社の入社試験がありました。近所の駅で偶然出合ったウチの部長をはじめ、現地でSHUEI君やらおにかさごさんやらと遭遇し、やっぱり仲間っていいなぁと感じた次第。来週はG社の試験もあるんで頑張ってみます。



 おしまい。



プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。