スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こともなし。

 さて、とりとめもなく更新です。

 なんだか今年に入ってからフカセ釣りに関する記事よりルアー系に関する記事のが多くなっていることに気付いたりしました、守備範囲が広がったというか。別にフカセが嫌いになったわけじゃないんですがね。
 
 で、更新してませんでしたが先々週辺りに例の如く実家で釣りしてたんですよ。夜、河口でシーバス狙いで。結果的にはY氏が60オーバーのマゴチ釣ったり、私がなんかをバラしたり。まぁ、この辺もルアーをあまり熱心にやってこなかった私としては進歩とも言えるわけです。

 そんな訳で「いろんなサカナとの出会いが増える(まだ釣れてませんが)のはいいことだなー。」とか考えているここ最近なのです。シーバス釣りてぇなぁ…。

 んで、ちとロッドについて欲が出てきたんですよ。以前、『アレも欲しい、コレも欲しい病』という釣り人特有の症状というものがあると言っている方がいらっしゃいましたが、例に漏れず私も発症した訳です。まぁ、年中そうなんですが。

 今回は『シーバスロッド欲しい病』を患ってしまった私。これまでクロステージの8ftエギングモデルをルアー釣り全般に用いてきたのですが、もうちょっと長くて軽いルアーもストレス無く投げることができる竿が欲しいなー、と感じるようになったんです。

 元来私は怠け者な性格でして、直面している課題なんかに対してはなかなか腰を上げずダラダラと先延ばしにしてしまう悪癖があるのですが今回ばかりは迅速でした。ササッとネットを徘徊、パパッと目星を付ける。この一連の行動力を他へ向けたいもんです。

 で、そこまでやって次はお値段の問題。予算が出せても2万円、1万5千を切ってくれたら物凄く嬉しいといった具合でしたので、当初気になっていたのがメジャクラのザルツ、ソルティック、トリプルクロス。GMのキャスバル。Gクラフトのスーパーステルス、あとベリーで新古22000円だったセブンセンス。テイルウォークのハイタイドといった辺りでした。

 「どうしよっかなー。」とか考えながら数日間ナチュラムを眺めていたら突然ハイタイドがセールで13000円台に。で、リアクションバイト。

 どうせならPE対応ガイドがいいと考えていたので96L-LC”Wading”にしました。ウェーディングやる機会はあまりないでしょうが…。

 ところでこのテイルウォークってアルファタックルのブランドなんすね。どうも幼少の頃からの刷り込みで私はアルファタックルやらエイテックやらを舐めている節があります。だって昔近所のホームセンター(市内にイシグロが出来るまで釣具の量販店ってのは沼津の上州屋くらいしかなく、それまでこの店が伊東市民の釣り生活を牛耳っていた)で売ってる安い竿はみんなアルファタックル・エイテック製でしたから。でも最近船釣りやルアー関係で結構な勢力を持っていることを知り、己の知識の浅さを痛感、認識を改めました。


 そんなこんなで新たな竿を手にした私、「早く釣りがしたい。」という衝動を抑えきれず26日、突発的に釣りに行くことに。昼頃起きてボーっとしているときに思い立ったのであまり遠くへは行けない。なんで茅ヶ崎あたりで夕マズメを狙うことにしました。アパート周辺は風が強かったのですがそんなの気にしない。

 ショルダーバッグにリール、偏光グラス、ルアー、その他小物を詰め込み、手にロッドを持って出発。非常に身軽、常にこうありたいものです。

 で、小一時間で茅ヶ崎駅到着、海まで歩く。暑い、そして風が強い…。10分程度で海岸に辿り着き海を見てみると風のためか若干時化気味、そしてサーファーやら海水浴客やらがいっぱい。いかにも夏の湘南といった光景が展開されていました。仕方が無いので漁港まで歩く。

 途中、磯釣りで何回かお世話になったことのある磯屋さんの前を通った際、女将さんがいたので挨拶する「一年に1、2回しか行かない客の顔を覚えているとはスゲェな。」と驚きつつ漁港到着。左側の堤防を見てみるとなかなかの混雑ぶり。ウキ釣りやらチョイ投げやらをやってる方多数、先端におそらくフラットフィッシュ狙いの方一名。私もテトラからスピンテールとかミノーとかワームを投げましたが反応なし。ウキ釣り(ご当地の流行なのかハリスが極端に短い)では小メジナやボラ、ショゴが釣れていました。

 なんとなく気配を感じなかったので移動。平塚方面へ歩き柳島堤防や人のいないサーフを探りつつ夕マズメに相模川の河口を狙うというプランを立てる。しかし、サーフ・柳島堤防共に波が高くて釣りにならない。しかも相模川までかなり距離があって疲れた…。

 んで、相模川。波と南風のせいで海に向かってルアーを投げることが非常に困難な状況。仕方なしに追い風になる位置でちょこちょことルアーを投げる。メジャースポット故かこんな日にも釣り人はチラホラといました。が、私にはなにも起きずに終了。河口の水深が意外に深いことを発見しただけでした。

 更に平塚港から駅までのルートを調べてなかったため、闇に包まれた見知らぬ土地で迷子に…。お巡りさんに道を尋ねてなんとか生還。散々な釣行となりました。


 とまぁ、いつものことながら内容激薄の駄文を徒然と書き連ねてきた訳ですが、湘南シーバスはおもしろそうなんでこれからも暇があったら行くかも、手軽だし。

 あとNewロッドについてですが、今までエギングロッド使ってきたためかまだイマイチしっくりきません、これから徐々に慣らしていきたいと思ってます。


 そんな訳で今後もいろんなサカナとの出会いを求めて頑張っていこうと思います。


 おしまい。
スポンサーサイト

海とサカナとなにかのおはなし。

 さて、性懲りも無く釣りに行ってきました。最近そんなんばかりですが更新です。


 3日(金)
 所用があり埼玉県川越へ行く、何気に初の目的を持った埼玉上陸でした。
 その後、実家に帰省。21:00着。さっさと準備を済ませて伊東でスズキを狙っているY氏と合流。

 Y氏からの事前情報によると結構な大型が何回かチェイスしてきたようで期待が高まるというものです。エギロッドにルアー付けて開始。

 どんなルアーがいいのか皆目見当が付かなかったのでスズキ狙いに絶大なる効果を持っている(らしい)マーズのR32を静ヘッドに装着。いまいち河口っぽくないけどわからないからしょうがない…。

 雨が降ったり止んだりと安定しない天候の中、移動しつつキャストを繰り返すものの反応無し。抜本的な場所移動を敢行。以前から目をつけていたものの一人じゃおっかなくて行けなかった釣り場を目指す。

 で、その場所到着。高校生の頃2回だけフカセと根魚狙いで来たことがあるポイント。超小場所ながら雰囲気的には最高、だと思う。足場が悪く私の8フィート竿では飛距離が稼げないので本命っぽいところはY氏に任せて私はスピンテールとか使って投げまくりました、しかしカスリもしない。

 何かしらサカナを釣ろうと思い、以前メバル狙いで奏さんから教わったフロートリグを使う。アタリが一杯あって楽しい。釣れるのはネンブツとハタンポ、ムツっ子ばかりでしたが…。

 そうこうしているとなにやら今までとは異なるアタリ、そして引きをするサカナが掛かりました。で、取り込んだのはメバル、23cm。まだいるんですねぇ。

 その後、追釣を目指しがんばるも不発。Y氏に迷惑を掛けつつ02:30頃に納竿。獲物の写真を撮ろうとしたところデジカメが動作を拒む。なんてこったい…。

 4日(土) 
 Y氏が帰っちゃたので一人で堤防に行ってルアーを投げ続けました。夕マズメにカマスが回遊してきたみたいでジグ投げてる人に最大30cmくらいのが3、4匹。私もスピンテールを投げましたがアタリは沢山あるもののフッキングしない…。諦めてトボトボ帰る。
 途中、湾内でちらほらとクロダイ(40cmくらい)がボンヤリ泳いでいるのを目撃しました。


 で、夕食後に夜の部開催。近所をランガン。前日に引き続き最初はスズキを狙いましたがすぐに飽きてフロートリグに変更。水は低いところに流れるものなのです。
 相変わらず頻繁にアタリがありネンブツ、ハタンポと見慣れた面々が遊んでくれました。彼らと適当に遊んでとっとと帰宅しようと思っていたのですが一応それなりのサカナを見るまでなんだかんだと釣りを切り上げられないのは釣り人の性。段々と奥地へと足が向かう。

 見えない力に導かれるままゴロタへ到着。前日の結果からするとまだ岸近くにメバルはいるみたいなのでコイツを狙う。ガルプを切らしていたので手持ちのソフトルアー総動員。しつこいくらいに懇意にしてくれるネンブツ・ハタンポ諸兄にめげそうになりながらキャストを繰り返し待望のヒット。
居残り組みなのか?26cm。ケータイ画像。
 
 コイツを釣ったところで緊張の糸をはじめ色々吹っ切れたので帰宅。東伊豆のメバルはまだまだいけるみたいです。


 5日(日)
 ダラダラと過ごす。午後、急に思い立って釣りの準備。フカセ、クロダイ狙い。普段ならクロダイ狙う場合はダンゴなんですがこの日はなんだかフカセをやりたい気分だったので。
 速攻で釣具屋に赴きコマセと付けエサ購入。チヌベストとネリックスアミ。あとオキアミ1枚。竿作の女将さんへの挨拶もそこそこにして、そそくさと釣り場へと向かう。

 15:30。小堤先端に陣取り釣り開始、若干風が強い。竿はチヌスペ、遠矢ウキ小の0号。ハリス1,5号。タナは目分量で水深いっぱい。コマセをドカドカ撒きながら第一投。

 小手調べに最初はオキアミエサ。チモトにG2のナマリをつけました。着水後、すぐにウキが横滑り。メッキ(たぶんギンガメ)15cmくらい。

 次はネリエを投入するも齧られもせず帰還、オキアミに戻す。ここからはちょっと予想外で付けエサがまったく取られない。エサ取りの猛攻を予測し練りエサまで持ち込んだ私としては非常に肩透かしを食らった気分になりました。

 海中をよーく観察したところ足元にはメジナとメッキらしきサカナがわんさかといるのですがコイツらはこぼれたコマセを漁るばかりで一向に沖に出ようとしていない。いつもならコマセの着水点を包囲するはずなのに…。

 「これはひょっとすると大物の気配なのか?」と楽天的に解釈して釣り続けるも本命からのコンタクトはなし。たまーにミスキャストでロープ際にエサを落とすと速攻でメッキが掛かる。

 18:00、釣り終了。夜の部に行こうとしましたが眠いのでやめました。時期的には早い気がしますが宇佐美のメッキはほどよいサイズが入ってきてますんでルアーでも面白そう。港内を散策していると5、6尾で群れたメッキやら小型(せいぜい20cmくらいまで)のカンパチがチラホラ見えます。

 6日(月)
 用事があったので居残り。さっさと野暮用を済ませて夕方は釣り。カマス狙いでジグを投げました。
 13ftの竿をブオンブオンと振り回しやっとこさ釣れたのは目的のカマス、ただ小さい。
やれやれ…「確かに狙いは君だけど君じゃダメなんだ…。」

 竿を振るのもしんどくなったので早めに帰宅。そして夜戦に出撃。何事も無くネンブツ・ハタンポ軍団に蹂躙されて撤退。おつかれさまでした。


 そんでもって今日アパートに到着。「七夕って日本伝統の行事の割りにはバレンタインデーとかクリスマスに比べてスポイルされてるなぁ。」と織姫と彦星に同情の念を向けたりなんとか。天の川は見えなかったので代わりにパソコンの画面を見つつ酒を飲む、そんな私の七夕。



 あと、先週ロッド買いました。ベリーで。ダイコーのサザンクロススティック76です。まさかのオフショアロッド、激硬、5000円也。
 今年の夏は城ヶ崎でシイラやってみようと思っていたので…、オフショアにももしかしたら行くかも知んないし。デカイリールが欲しいです。



 おしまい。


 

学釣連バス大会とか。

 さて、相変わらず雨の多いここ数日。またしても釣りに行ってきたので更新です。

 25日(木)
 突然バイト先の上司から「山梨の温泉行くから集合。」と命令されたので行く。疲れた。

 26日(金)
 朝、宇佐美に戻る。Y氏とその友人と釣りに行く約束があったので出発、竿作で偶然遭遇。オキアミ2枚購入、自販機で飲み物を買ったところ当たりが出た。無駄に運を消費してしまった感じ。
 14:00釣り場到着。先釣者1名。とりあえずエギとルアーを投げましたがすぐに飽きてフカセの準備。そしてフカセ開始。
 ネンブツと20cmくらいの小メジナが釣れる。その後は小サバが乱舞してどうしようも無い状態に変化。早々に釣りを諦める。

 夕方、コマセを撒ききったので磯竿をエギロッドに持ち替えあれこれ投げる。サビキに結構反応があって楽しい。サバとかネンブツとかカマスとかムツが釣れた。
ムツムツ鈴なり。

 その後、帰って就寝。

 27日(土)
 朝、実家を出発。昼頃にアパート到着。先輩のバンドがライブをやるので見に行く。
 ライブ後、一緒に行った仲間がスロットやっていくと言うので私も久々にパチンコやることに。2円パチンコでエヴァを打ちました。2回当たって終了、マイナスでした。

 夜、レンタカーに乗って八王子出発。途中部員を拾いつつ学釣連のバス大会が行われる千葉県亀山湖を目指す。

 28日(日)
 03:00ごろに現地到着。車の中で受付開始時間まで睡眠。
 05:00受付開始。人が一杯、成城と立教の方々を見つけしばし会話、KANさんがいて驚いた。その後ボートの準備。

 ちなみにウチの大学からの参加者は3名でした。端数が出たので私は一人乗りボート。そんなにヤル気がなかったのでエレキは借りずに手漕ぎ。どっかに係留してダラダラやる予定。

 開会式終了、他のボートが出払ったのを確認してから出発。近場の木陰を攻める。最初はスモラバ、その後はノーシンカーワーム。1時間程度で飽きる。
 途中、ギルが群れている場所があったので「コイツらと遊ぼう。」と思いルアーをキャスト。サイトで狙っているとギルじゃなくてバスが食いついてきた。20cmくらい、一応キープ。

 その後も似た様な感じでルアーを投げ続けるも偶にギルが釣れる程度、しかも途中から雨が降ってくる。11:00くらいに上陸、検量開始まで車内で就寝。

 12:30、検量開始。続々とバスが持ち込まれる、皆さん結構釣ってる。しかも大きい…。

 そんな光景を見ていたら私の小バスを持ち込むのが恥ずかしくなって隠れてリリースしたくなってくる。しかし、他の人にもう見せちゃったし後には引けない…。

 海洋のおにかさごさんとかにからかわれつつ検量150グラムくらい。ヒロキくんに負けました。
バスとか記念撮影

 ヒロキくんとか藤田くんと「ミニマム賞行けんじゃない?」とか話していましたが更なる小バスを持ち込んだ方がいらしたようで受賞ならず。じゃんけん大会も不発。抽選でバッグを貰う、救われた気分になる。


 閉会式後、後輩が早く帰ろうオーラを出していたのでそそくさと帰路に着く。カーナビの指示に従い運転、行きに通ったアクアラインを使わないルートを表示。超渋滞。レインボーブリッジを渡るのに1時間掛かりました。15:00に亀山を出たのにアパートに着いたのは22:00、すんごく疲れた。あとエスエス製薬の「エスタロンモカ12」という錠剤がすごい効くということを発見。どうでもいい感じ。


 そんなこんなな釣行でした。今週末も懲りずにどこかへ釣りに行ってきます。



 おしまい。
プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。