スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にか。

 さて、知らない間に年が明けてました。更新です。

 明けましておめでとうございます、謹んで新年のお慶びを申し上げる次第です。
 
 そんな訳で、いろいろと釣りしてきたんでボソボソと書き殴っていきます。

 27日(日)
 夕方、実家に帰る。そのまま堤防へエギを投げに。
 私は釣れませんでしたがフカセやってた人が80アップのスズキ釣ってました。
 夜、風も無く穏やかだったのでメバルやりに、23センチが一尾。
めばるまだ、足りない…。

 28日(月)
 05:30、出発。Y氏と共に地磯へと繰り出す。久々のカドカケ。
 朝は雨が降ってました、しんどい。
 ただ、サカナの活性は高く結構釣れた。殆ど尾長でした、大体25~30センチくらい。ラインを弾き出すアタリで楽しかったです。
カドカケ Y氏
 正午前後で潮が止まり、厳しくなったので休憩。夕マズメに備える。
 で、夕マズメ。再び潮が動き始めサカナの活性も上昇、バタバタと釣れ始める。
 カドカケ 尾長
 30センチクラスが入れ食いで楽しい。最大は35でした。
カドカケ 釣果
 二人のキープ分。リリースを入れれば一人20尾以上釣りました、満足。

 29日(火)
 夜中、奏さんが来る。05:30出発、Y氏を拾ってから川奈港へ。重丸さんのお世話に。
 渡船場にはフカセ師が10名前後、当初は与望島と言われてましたが、海の状況が思いのほかよく、結局手石島に行けることに。で、渡ったのは大手石カド。他には川奈沖に一組、中手石と尾根でした。小手石は無理だったみたい。
 07:00ごろ釣り開始。想像以上に足場がよく、広かったので陸向きに3人で横に並んで竿を出しました。潮は向かって右方向に流れてる感じ。
 ウキ0、ハリス2・5号、ハリ7号+潮受け。ハリスを竿いっぱいに取り、ウキ止めとジンタンはなし。足元をかすめるように流れていたのでコマセは足元に打っていく感じで始めました。で、いきなりアタリ。合わせたら高切れ…。昨日の釣行で傷んでいたのかしら。
 仕掛けを作りなおして再開。25センチ前後が釣れる。その後も30センチまでのメジナがボツボツといった感じ、徐々にエサ取りが増えたのかメジナのアタリが減り始める。ベラ系とフグ、あとイワシとかが見えました。ちなみに前日のカドカケと比べると、こちらは口太が殆どでした。

 ある程度メジナを釣った後、私はエギを用意。渡船屋のおじさんは「イカはいないよ。」と仰ってましたが、一応調査。そしたら釣れちゃった、大体200~300ってところでしょうか?もっとデカイのがいるかと思ったんですが…。

イカが釣れたということでテンションが上がった奏さんにエギを任せ、私は島を見学することに。途中難所はあるものの歩いて一周できそうでした。ただ、裏側はちょっとしたハナレみたいなのが多くてフカセはしんどいかも。
 
 んで、釣り再開。相変わらずメジナはボツボツ。32が最大でした。イカを頑張ろうと思い、コマセのペースを上げて撒き切る。そして、おもむろにエギングタックルに手を伸ばす。思えばこれがいけなかった…。

 エギを投げ始めた途端、潮がいい感じに動き始めてサカナの活性が上がり始め、Y氏と奏さんの竿が快調に曲がり始める。
大手石1

 更にサカナもサイズアップ。
Y氏 39センチ39センチ也。

 奏さんも釣る。
奏さんヤリトリコイツは35センチでした。

そんな光景を横目に焦り始める私、相変わらずメンタルが弱い。まぁ、コマセもないし、道具も片づけちゃったので仕方ない。一生懸命にエギをしゃくる。そしたらなんか釣れました。
ちびアオリ更にサイズダウン…。

 この後、Y氏が38を追加したところで納竿となりました。
手石島 釣果大き目3尾を記念撮影。

 終わってみれば一人20尾以上、しかも殆ど30センチ前後となかなか上出来。普段フカセをやらない奏さんも35を頭に沢山メジナ釣ってたし、磯を満喫できたのではないでしょうか。Y氏も38と39上げてたし。私はダメダメでしたが…。

 で、帰りにラーメン食って帰宅。奏さんも少し休憩してからお帰りになりました。クルマ出してもらったのに、碌なおもてなしもできずに申し訳ありません。

 30日(水)
 夕方ゴロタへ行く。ルアーとエギ、Y氏はフカセ。適当に釣り座を選らんで開始。根掛かりが多くすぐ飽きる。Y氏はメジナが入れ食い、最大は33センチ。後半はメジナのルアーパターンを模索したりしましたがダメ。帰宅。

 31日(木)
 釣り行かなかった、パチンコには行った。夜は地元の友達連中と酒飲んで年越し。

 1日(金)
 年明け直後に初詣、無意味に4社も回る。帰宅。
 風が強くて嫌だったので釣りに行かず、パチンコに行く。順調にダメ人間化する。

 2日(土)
 箱根駅伝見る。母校がそれなりに健闘していたのでいい感じ。親戚回りしてまったりと過ごす。これからメバルやりに行くかも。


 そんなこんなでダラダラとした年末~正月でした。初日の出釣行に行けてないとか、釣り人として堕落している気がします。精進しなければ…。

 なにはともあれ2010年が始まった訳で、これからいろいろと変化があるとは思いますが、本年もよろしくお願いいたします。皆様にとってこの年がいいものでありますよう、お祈りしております。


 おしまい。
スポンサーサイト

いよいよ年末

 さて、釣りには行けてませんが更新です。

 竿買いました。ダイコープレミア(初代)11ftの振り出し。用途はいわずもがな。

 最近、13ftというか現在使ってるハイパーシーマグナムさんより、取り回しのいい竿が欲しいなー。とか考えて色々探していたところ、コイツに出会いました。タックルベリーは便利ですな。

 当初、新宿サンスイで売ってたティファのブラックライド11ftもいいなと思ってたんですが、定価に比べて、いくら安くなっていたとは言え、それでもちょっと高価。なんかの拍子に折れたりしたらメーカーが無くなってるため修理不可。まぁ、竿なんてそうそう折れるものじゃないとは思いますが、2万円の投資が一瞬で無に帰ったりしてしまったらショックなので手が出せませんでした。

 そもそも、万年金欠でそんなに予算がないということもあり、足が向かったのは中古釣具店。在庫共有システムで色々探してもらった結果行き着きました。他の候補はAR-CとかチータRとかだったんですが、これらは希望のレングスがなかったんで見送り。
 プレミアなら出回ってそうということで探してみたら何件かある、持ち運びが楽で、フカセ用のロッドケースに入るということもあり、テレスコタイプをチョイス。樋口さんと野口さんが私のサイフから駆け落ちしました。

 値段が値段ということもあり、状態が心配だったのですが、現物を見たら非常にいい感じ。少なくとも私が磯でベコベコにぶつけまくった竿たちよりは傷が無く、ガイドも異常なし。店員さんからも「これは掘り出し物でしたね。」と言われた。

 そんなわけで新兵器も入手したことだし、年末から年始にかけていっちょ頑張ってみようと思います。波が立たなけりゃメジナ三昧ですが。

 あと、タックルベリーにあったテンリュウのパワーマスターに若干魅かれるところがあり、悩んでます。時期的にはいまさら感がありますが…。あといよいよメバルタックルが欲しいなー、と。アジングロッドだけどゴールデンミーンのJJ-Mack Rが素敵。

 今年もあと少しだというのに物欲ばっかりでどうしようもない今日この頃です。

 おしまい。

青いサカナ

 さて、引き続き更新です。立教大学の冬季下田合宿に行ったときのこととか。

 3日(木)
 菊名でSHUEIくんとKOTAくんと合流して出発。途中釣具屋でオキアミ仕入れたり、シーバスロッドとか見たりしてから東伊豆に到着、私の荷物を積み込む。わがまま言ってすみませんでした。

 4日(金)
 夜明け前に下田に着いた。06:00釣り開始、犬走り堤防。私にとって初の下田湾での釣りです。用意したのはジグ竿とエギ竿。予想に反してガラガラの堤防の先端に陣取りキャスト開始。風はそこそこ。足元にベイトもいたし、潮も結構流れてるみたいでいい感じ。

 しばらく黙々と投げ続けましたが反応なし、風も強くなってきた。エギを投げたら一投目でライントラブルになる等など、徐々に気圧が低下してくる。2時間もせずに撤退を決意。「今回の目的はフカセのメジナであって、回遊魚はあくまで”おまけ”だ。」などと自分を偽る。無念…。

 出だしから躓きかけましたが、立教が誇るイカ野郎ことKOTAくんが見事アオリを上げて一矢報いてくれました。朝日をバックにイカを持ってくる姿は実に神々しかったです。後光が差してた。

 昼、下田の雁島にフカセしに行きました。結構吹いてたけど風裏でやりやすかったです。夕暮れまでやってメジナの25cmくらいのが2尾、SHUEIくんがカワハギ釣りました。鍋の具に決定。オキアミ買いに行った釣具屋のオヤジさんが「メジナはまだ良くない。」と言ってた。前回の東伊豆といい、水温が関係しているのかな?

 夕方、授業の関係で途中参加となったチョコタツくんを迎えに行ってから夕食、鍋。メジナとカワハギのブツ切りを入れたはずが殆ど原型を留めていなかった。でもおいしかったからよし。

 夜はダラダラと色んな四方山話してました、修学旅行みたいだ。中庸であるということの重要性と難しさを再認識、私も気をつけよう…。翌朝も早いのでさっさと就寝。

 5日(土)
 朝、磯に行く。満潮が重なり入釣路が水没。波を凝視しつつ途中まで行きましたが最後のスリットが深すぎてブーツじゃ無理。残念だけど予定変更して堤防を見に行きました。

 で、最初に行ったのが伊浜港。一昨年ジャパンカップで行ってから二年越し、二度目の訪問。なんか釣り禁止になったという噂を聞いてたもんで、心配していたんですが果たしてそこには昼夜釣り禁止の文字が…。
まさかの昼夜釣り禁止
 ちょうど渡船が帰ってきてて(風が強かったから早上がりになったそうです)伊浜に詳しそうな人がいたので一応聞いてみる。やっぱり無理みたい。仕方が無いので記念撮影だけして移動。

 次、入間港。人はいなくて閑散としてた。土曜の割りにクルマが少なかったところを見ると渡船は中止だったのかも。堤防上は風はあるものの追い風だったので釣りは可能、テトラに入る。

 水は澄み気味でした。コマセにはネンブツとスズメダイと思しき影が群がるもののそこまで数は多くなかったんでなんとかなりそう。ウキ0、ハリス2号でスタート。風はあっても海中は穏やかだったんで軽い仕掛けでも行けそうな様子。

 テトラ際にコマセを重点的に撒いてエサ取りを留めると同時に穴に居るメジナのヤル気を出させようとか愚考。仕掛けはチョイ沖でコマセが効いているギリギリの範囲に入れる感じ。大体空バリで帰ってきますが流すコースによっては戻ってくる。外し過ぎるとハリが無くなる、フグどもめ…。

 10:00頃、潮が動き始め状況が上向く。28と30のメジナが釣れた。まぁ、こんなもんか。1回なかなかいいのが掛かりましたが、あれよあれよと言う間にテトラに突っ込まれ終了。弱気はいかんなぁ…。

 バラしちゃったし、少し休憩。先端でSHUEIくんが頑張ってましたが、ベラをはじめエサ取りに苦戦していた模様。仕掛けを見たらちょっと重い。あんまり人の仕掛けとかにちょっかい出したりするのは好きじゃないし、人に教えられるほど上手くもないんでどうしようかと思いましたが、少しだけアドバイス。でしゃばった真似をして申し訳ありませんでした。

 で、釣り再開。ウキを小さいのに変えた。状況としてはいい感じだったんでコマセのど真ん中にエサを入れる方針をとる。が、あんまし釣れない。どうしたもんか…。

 しばらくすると私を呼ぶ声が、振り向くと先端のSHUEIくんの赤い竿が見事な弧を描いていました。急いでタモを持って駆けつけると水中にメジナの影。40ありそう。テトラ帯から引っぺがして障害物のない位置へと誘導したところで取り込み成功。
でけぇ
 計測するとジャスト40cm。丸々と肥えたナイスなプロポーションのメジナでした。自分が釣った訳ではないのに私も大興奮。羨ましいなぁ。

 これを見て私もそそくさと釣座に戻りましたがあえなくコマセ切れ。撒くものがなきゃどうにもなんないのでエギを持ってぶらつきKOTAくんの近くに行く。
イカ野郎さん。
すると「今群れが回ってきてるからチャンスだよ!」といきなり煽られる。よく分からないままエギを投げていたら、なんか足元で釣れた。晩御飯の食材ゲット。

 その後テトラを転々としつつチョコタツくんを観察。なんでもデカいのに3,4回ブチ切られたそうな。
チョコタツくん、粘る。

 イカを追釣することなく先端付近まで来たところでまたSHUEIくんの竿が曲がりました。上がってきたのはこれまたいい型。さっきの40には届かないものの35cmという堤防では珍しいサイズ。
勝ち組状態
 順調に勝ってます。

 そうこうしているうちにポツポツと雨が降ってきました、私はさっさと道具を片付け観戦体制。チョコタツくんも先端に着たので二人の姿をつぶさに観察。SHUEIくんが20cm台のを釣りましたが、最早彼にとって問題にはならないサイズ。危なげないヤリトリの後に優しくリリース。

 13:00、雨が本降りになってきたので終了。午前中だけの釣りでしたが終わってみれば40を頭に7尾のメジナとアオリをキープ。これは夕食が楽しみだ。
たくさんつれた

 仮眠したり、温泉行ったりしてからお待ちかねの晩御飯。昨日に続き鍋。この日は野菜や肉で嵩増ししなくても大丈夫。
豪快な感じで

 SHUEIくんが釣った35は刺身になりました。姿作りとかやってみたかったけど私には無理だった…。
刺身とか

 がっつり食って、翌日への英気を養い就寝。

 6日(日)
 誰が何を言ったわけでもなく、当然のように入間港へ行く。しかし、強烈な逆風。風でテトラから落ちそうになった。そんな過酷な条件下にあっても、ヤツは違った。
流石といった感じ
堤防に入って速攻でアオリを釣ったKOTAくん、イカ野郎の名は伊達じゃない。

 私はというと先に書いたとおりテトラから転落しそうになったり、あまりの強風+寒さに耐えかねて夜釣り用の目出し帽被って「フカセゲリラ」とか「磯原理主義者」とか呼ばれたり。早々に諦め場所移動。

 この日の南伊豆は随所で防災訓練が行われていたみたいで賑やかでした。妻良港はちょっとイマイチ、子浦港は防災訓練のため入れずと負けムードが漂う。最終的に辿り着いた大瀬港は最初こそ風が弱かったものの後に暴風になりみんなでギブアップ。
もう、どうにもならん。「こりゃ、むりだ。」

 結局最終日はグダグダになりつつ終了。いろいろと片づけをして帰路に着きました。

 
 そんなこんなで合宿が終了。終わってみれば、今回はSHUEIくん大活躍って感じでしたね、メガドライにもバッチリ入魂できたし。これを機にフカセにのめり込んでいってください。KOTAくんもチョコタツくんもお疲れ様でした、今後も是非ご一緒させてください。

 
 おしまい。

げに素晴らしきは釣り仲間

 さて、ここんとこ結構釣りに行ってました。久々に更新です。

 Y氏主催、第二回裏☆磯大会とか立教の冬季下田合宿とかにお邪魔してきたんで徒然と。

 27日(金)
 13:00、日曜に大会があるんで下見がてらフカセやりに行きました。ただ大会と同じ富戸周辺だと先に状況が分かっちゃってつまんないと思ったんで城ヶ崎のイガイガ根周辺を攻めることに。で、辿り着いたのは田中磯。1回しか行ったこと無かったけど、いつかリベンジしようと思ってた磯です。平日だったためか釣り人は2人、挨拶して入れてもらう。尾長の25cmが2匹釣れた。フグもいっぱい釣れた。コマセに集まった小イワシどもがバシャバシャ跳ねてたんで回遊魚も元気そう。特に見るべき釣果なし、リベンジ失敗。

 28日(土)
 07:00、朝の散歩ということで宇佐美でエギとルアー、イワシが多い。最近ようやくエギがそれなりにシャクれるようになってきました、まだまだ未熟ですが成長はしているみたいです。
ゲソのみ
未熟者にはゲソがお似合い。
本体は釣れませんでした。

 29日(日)
 01:00、奏さんがヒロキくんとチョコタツくんを引き連れて宇佐美に到着。大会前の景気付けにメバルをやりにいく、波が高く撤退。ヒロキくんがハタンポ釣った。

 04:30、集合場所に向けて出発。海洋大、立教大の方々と合流、総勢13名。去年より多い。開会式兼ルール説明、磯割り、心構えなどなどを終えたところで会場の富戸へと向かいました。

 06:00、準備が整ったところでそれぞれの磯に向かって競技開始。私は宇根でした、他に海洋大の1年生が2名。で、宇根に到着したところまさかの満員。困った…。

 隣の大根は貸切状態だったんで、大根組に連絡して一緒にやらせていただきました。奏さん、ヒロキくん、おにかさごさんと合流。
大根の様子
 風波共に強かったですが大根は比較的安定していました、サラシと払い出しもある。これなら誰かしらそれなりのを上げられそうです。

 風が強くて道糸が煽られてしまい、仕掛けが入りにくい状況と判断して最初はG2のウキにジンタンを段打ち。それでもイマイチだったんで0にG7を段打ちして沈めていく方針に変更。

 前にあったサラシは沖に伸びてることには伸びてるんですがどうも風の影響を受けた表面だけが流れてる感じであまりよろしくない…。それでもダラダラやってたらなんか掛かった。
ソウダは元気でした
 元気に走り回るソウダで結構楽しかったです。

 ちょい離れたところにいたヒロキくんもソウダを掛けてました。
ソウダ
フカセで釣るソウダはルアーで釣るよりヤリトリに時間が掛かるけど楽しいよね。


 私の横では前日にメガドライ競技を購入して気合充分のSHUEIくんがいました。目の前のサラシ(こっちは海中まで流れが効いてる感じ)を丹念に攻めている様子、しばらくすると竿が絞り込まれました。
赤い竿がしなる
下に向かって突っ込んだので回遊魚ではないことは明らか、型もよさそう。ただ若干竿を叩いていたのが不安要素でしたが、案の定上がってきたのはアイゴさん。40cm。
 でもまぁ、このサイズのアイゴは下手なメジナより引きがエグいんでかなり強烈なヤリトリを味わえたのではないかと。

 こんな感じで時折回遊魚やらが掛かり飽きない磯の上でしたが、肝心のメジナが釣れない。この時期にこの場所でやってたらサイズはともかくイージーに釣れてくれてもおかしくないのに…、竿作の女将さんが「まだメジナは調子が良くない。」と言ってたのを思い出す。やれやれ…。

Y氏レクチャー

ヘラスタイル

 Y氏が見回りにきたり、おにかさごさんが座ってヘラスタイルでフカセやったりとのんびりムード。しかしそんな状態でも突如イナダが回ってきたりして磯竿をひん曲げました。
 

 まず海洋大の子がイナダを掛けてみんなで大騒ぎ、レバーが故障してストッパーが常にオフになるというアクシデントに見舞われながらも磯を端から端まで移動して取り込み成功。
キレイなイナダでした。

 これを見て奏さんと私はジグを投げ始めましたが次に竿を曲げたのはヒロキくん。
この日彼は輝いていた
 ソウダよりも引いてた。
フカセイナダ
コイツもいいイナダでした、羨ましい。

 そうこうしているうちに波が結構すごいことに。大根はまだ大丈夫でしたがツバ根、中山はNGな状態になってしまったので大根に集合。
ガチ磯、S先輩。
久々に見るS先輩のフカセ姿は凛々しかったです。

 14:00、大会終了。検量に移りました。が、持ち込まれたメジナはまさかの1尾のみ。この時点で優勝が確定。2位と3位はイナダでした。私は順位すら付かず…。

 優勝者のおにかさごさんにはY氏が東京中の酒屋を探し回ってなんとか入手したボジョレーが送られました、おめでとう。そして今後、身辺に災いが起こらぬようお気を付けください。

 そんなこんなで記念すべき第二回裏☆磯大会も終了。今年も大きな事故はなく終わることができてよかったです、来年もまたやりましょう。
恒例の記念撮影

 ちなみに閉会式後、皆さんは焼肉屋に行かれたみたいですが私とY氏は富戸周辺の地磯探索とかしてました。磯の場所は分かったけど駐車スペースが見つからず徒労に終わった感じでしたが。

 メジナが釣れなくて不完全燃焼な気分の方もいらっしゃるかと思います。「フカセやりてー!」とか「リベンジしてやる!」とか思ったら連絡ください、人様に教えられるほど大した腕は持ってませんが場所案内ぐらいならできますんで…。せっかく釣りを通じてたくさんの素晴らしい仲間と出会えたのだから、もっと皆さんと釣りに行きたいと思っております。

 最後になりましたが大会に参加してくださった皆様本当にありがとうございます。そしてお疲れ様でした。


 立教大学冬季下田合宿については追って更新したいと思います。

 おしまい。
プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。