スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不器用貧乏

 さて、のんべんだらりと更新です。

 先日の日記に書いたアシストフックの製作日記とかを徒然と書いてこうかと。

 と、言っても私がやってる方法はよつあみのホームページに書いてあるやつとほぼ一緒なうえ、強度的にも不安が残るんであくまで下手くその戯言程度に見てください。あと、私は結構なぶきっちょなんでその辺はご容赦を。大体60~120gのジグに装着することを考えて作ってみます。

YGKよつあみ アシストフックの作成←ちゃんとしたのを作りたい方はここを御覧になるとよろしいかと。


 まず、用意する道具。
一式

・ケプラーノット25号(号数は好みだと思います、釣具屋にあった一番太いヤツ選んだだけです。強度的に150ポンド程度のがよさそう。)1800円くらい。
・セキ糸(これもYGK製、太さはよくわかりませんが、店頭でケプラーの傍に置いてあるやつを選べばいいんじゃないかしら?)500円くらい。
・ソリッドリング/溶接リング(谷山の♯5、カルティバだったら150ポンドクラスがいいかと)300円
・ハリ(がまかつ『バーチカルライト4/0』、ハリは好きなの選べばいいと思う。)430円
・熱圧縮チューブ(釣武者のヤツ、イシダイコーナーにありました。直径4mm、他の太さも用意してあります。)200円
・ニードル(YGK製、サイズは小を使ってます。)500円
・瞬間接着剤(画像に出てませんが必要です、アロンアルファとか。釣具屋に売ってる安いやつでも問題なし、ゼリー状のではなく、サラサラしたタイプを使います。)300円くらい。
・ハサミ(いつも使ってるPE用、別になんだっていいと思う)
・ラジオペンチ(100均)
・セキ糸についてる何か(フライを作るときに使う道具、名前忘れました。あれば便利だけど別に無くても問題ない道具です。)たしか500円くらい。

 以下、作成開始。
ケプラーの長さ調節
ケプラーの長さを決めます、ケプラーは二重にして使うので最終的な目標の長さの二倍を目安にします。私は完成したときにジグのおよそ半分~2/3くらいにしたいので、8cm程度で切断しました。

芯糸を抜く
ケプラーには芯糸が入っているので、それを抜きます。手で引っ張ればOK。

芯糸抜いた
芯糸が抜けました。

ニードル刺してリングを付ける
芯糸を抜いたケプラーにニードルを刺し、半分くらいの位置でニードルの先端を出します。そしてソリッドリングを装着。

ニードルの先を引っ掛ける
ニードルの先端にケプラーのもう一端を引っ掛けます。

ニードル抜く
で、ニードルをゆっくり引き抜きます。

ニードル抜いた
ニードルを抜き終わりました。

長さを揃える
長さが均一になるように整えます。

針穴に通す
ケプラーをハリの穴に通します。穴の無いハリの場合は必要なし。完成したときにハリの内側からケプラーが出る(ハリ結びの基本)様に、内側から外側に向かってケプラーを通します。

針先に刺す
ケプラーの先をハリに刺します、私は大体ケプラー先端から5~10mmの部分に刺してます。

チモトまで上げる
そのままチモトまで上げてきます。

セキ糸借り止め
チモト付近でセキ糸を仮止めします。

ぐるぐる
なるべく密になるようにハリとケプラーを巻いていきます、テンション掛けてぎゅっぎゅっと。

ぐるぐる2
下までいったら折り返して巻いていきます。チモトまで来たらハーフヒッチ2回で結びます。

セキ糸切る
セキ糸を切ります。

瞬着つける
瞬間接着剤をセキ糸にうっすら染み込ませるイメージで付けます。ケプラーにはなるべく付けないように注意します。

熱圧縮チューブの長さ決める
接着剤が乾いたら熱圧縮チューブを付けます、まずはおおよその長さを決めます。私はセキ糸全体を覆い、かつ圧縮した際にチモトが隠れる長さにしてます。

チューブを針に通す
チューブにハリを通します。

チューブ位置の調整
位置を決めたらチューブをライターで炙ります、チューブやケプラーを焦がさないように注意。

完成
完成しました。


 以上が私がやってるアシストフックの作り方です。PEラインをバイスにしてセキ糸をキレイに結ぶやりかたとかもありますが今回はやってません。あとケプラーがハリに刺さんない場合はそのまま結び付けてます。何度も言いますが強度的に信用できるものかどうかは未知数です。どうなんでしょうね?


 おしまい。
スポンサーサイト

サライ

 さて、気が付けば2010年になってから2ヶ月が経過してました。更新します。

 釣りに行ってきましたよ。

 11日(木)
 夜、実家に帰る。そして、すぐ寝る。

 12日(金)
 06:30出発、熱海港。07:30、イルドバカンス3世に乗り込み一路初島へ。釣り人は全部で10人くらい。
 30分程度で到着、風波ともに強い、そして雨。第一漁港内側の小突堤に釣り座を構えました。人数が少なく堤防先端も空いていたんですが如何せん風が強くやり難そうだったんで…。

 目の前のケーソンの落ち込み、そしてその先の船道のカケアガリがポイントみたいでした。仕掛けは0ウキにハリス1.7号直結。ハリは速手グレの7号、ジンタンなし。最初はウキ止めを付けずにエサがとられるかどうかを見る感じで開始。齧られすらしないのでなるほどウキ留め付けてタナを取りつつ攻めることに。
初島にて釣り場はこんな感じ。

 しかし、釣れない。エサもとられない、コマセにサカナが寄ってない等、まったくもってダメダメな状況…。偶にエサが取られるとそれだけで喜ぶような始末。散歩がてら周りの人に状況を伺っても皆様釣れてない。まぁ、寒い時期だし仕方がないのかもしれませんが…。

 結局、夕マズメにY氏が25cm前後の一尾釣っただけで終了。私は何も釣れませんでした。付けエサが取られたのは10回未満。まだまだ修行が足りない。

 13日(土)
 この日も釣りに行きました。相変わらず風波ともに強め。雨も止まず。06:30頃にY氏が迎えに来てくれた。目指すは富戸の地磯。最初は大根に行ったんですが、まさかの満員。隣の宇根に移動。先端で二人仲良く竿を出す。前日とは違い、一応エサはそこそこ取られる。期待できそうかも…。大分渋い様子でエサをすぐに離してしまう感じでした。手を換え品を換えで攻めているとY氏が25cmクラスを釣り始める。横でやってる私には釣れませんでしたが…。
 聞いてみると彼の前にある沈み根からメジナが出てきているとの事。そこで私もちょこっとその範囲に流させてもらうことに、エサは毎投取られるんでサカナはいる。で、仕掛けをちと重くして張りを作ったらアタリ。ズッポシ入りました。やる気のない引きだったんで小さいかと思ってましたが計測すると34cm、まずまずのサイズで一安心。
なんとかこのサイズ

 その後は波に足元浚われてコマセが水浸しになったり、色々とあって納竿。メジナさんは血抜きしておいしくいただきました。善哉。

 14日(日)
 世間ではなにかイベントだったみたいですが私には関係なかったです。夕方1時間程度エギ投げましたが反応なし、ヒラメ狙ってたおじさんと話して終了。

 
 こんな感じの釣行でした。一応メジナが釣れてのでよしとしましょう。

 最近は3月に控えたある計画に向けて準備を進めております。今日も釣具屋さん行って道具買ってきました。
ジグsジグ。80~120グラムまであります。激投2本は新品ですが、他のは中古で揃えました。今後もちょくちょく買い足そうと思ってます。

 で、あとこれらのジグに付けるアシストフックを作ってます。市販品のがいいんでしょうが、これも節約。
アシストフック量産体制
 ケプラーノット25号を使った仕様です。パッケージに記載されているのに従って作成。強度は未知数ですが前にワカシとかサバ釣ったときは問題なかった…。今度、強度テストしてみます。

デカイです。
 ハリについてですが、現在手元にヒラマサの13号、18号。それとオーナーのカッティングポイント5/0、7/0、8/0があります。ハリ単体で見るとふざけているとしか思えないデカさなんですが、これをジグにセッティングしてみると意外としっくりくる。5/0か6/0くらいを主体に作った方が良さそうです。

 一個のアシストに使うケプラーは大体10cm前後、ケプラーは10m巻なんで単純計算だと100本の作成が可能(まぁ、ハリとかセキ糸とかは別途ですが)。無意味に一杯作ってみるつもりなんで今度の作戦参加者で欲しい人がいたら差し上げます。ただしこれでバラしたからといって怨まないでくださいね。
 
 相変わらずグダグダですが、おしまい。
プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。