スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋がきて夏を思う

 さて、釣りとかしてきたのでボソボソと更新です。

 10月2日(土)
 立教のイカ野郎ことKOTA氏が釣りしに来た、お昼頃から仲良く出発。漁港での釣りが解禁となったばかりのイカさんを狙いに行くことに。
 うねりが結構あるうえに濁り気味、更に風も強めという些か残念な状況の中で色々と場所を移動しつつエギを投げる。割と余裕で釣れるもんだとタカをくくっていたのですが厳しい。
DSCF1831.jpgイカ野郎の背中

 エギ投げるのに飽きて堤防際にエギを吊るしていたらなぜか最初の1パイが釣れた。
DSCF1830.jpg小さい。

 んで、夕マズメ。強風の中、捨て鉢な気分でシャクってもう1パイ。労力をかけた割にはパッとしない釣果。イカ野郎さんはというと、一回500gくらいのが追ってきたそうですが乗せきれず、暗くなってから1パイゲットといった感じ。
 前日は「まぁ、イカ野郎が来るなら軽く2ケタくらい釣れるだろう。」という予測を立てていたのですが、状況が状況だけに仕方がないのかも。遠路遥々来てくださったのに申し訳ない。

 晩御飯食べて、温泉入ってこの日は終了。お疲れさまでした。

 3日(日)
 03:30、イカ野郎さん帰路に付く。その姿を見送った後、「いっちょ気合い入れてショアジギでもやるか!」と思い立つ。しかし思っただけで、すぐに布団に入り熟睡。精神力とか気力皆無の人生、来世はもっと心の強い人になりたいものです。
 08:30、電子音で目が覚める、N氏より着信。曰く「ヒラメ釣った。」とのこと。のそのそと起きだし、自転車で現場へと向かう。
DSCF1837.jpg40クラス。

 ヒラメとムラソイを手にご機嫌な彼がいました。惜しみない賛辞の言葉を捧げ、その雄姿をデジカメに納める。

 昼前にちょっとだけエギを投げる。ややうねりが残り、濁り気味。イカの姿は確認できずに終了。

 夕方エギ投げてみる、明るいうちは反応なかったですが夕マズメに2ハイゲット。
DSCF1841.jpgイカのアタリがわかったことに感動。

 投げサビキでいい型のカマスが釣れていたのを眺めつつ帰宅。非常にゆるい感じで週末が過ぎ去っていきましたとさ。


 来週こそはもうちょっと気合いの入った釣りがしたいものです。


 おしまい。
スポンサーサイト
プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。