スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしなに。

 さて、早いもので1月も終わりですが更新です。

 寒い寒いと言いつつも、北国のニュースなんか見ているとまだウチの近所はマシだとは思ったりするんですが、それでもやっぱり寒いもんは寒いなどと感じつつ釣りには行ってます。そんな訳でここんとこの釣果なぞを。

 22日(土)
 気合を入れてフカセの日、久々に渡船を利用しました。場所は伊豆多賀、渡船は『泰幸喜丸』さん。
 06:30出船とのことだったので、余裕をもって05:30頃に出発、途中でY氏を拾ったりコンビニ行ったりで06:00ちょい前に到着。神楽岩なる磯へと上がることに。

 空撮で見た感じ低い磯だということは分かってましたが、実際低かったです。というか渡礁時は満潮が重なったためもあり、磯はほぼ海中。なんか茅ヶ崎の沖磯を思い出しました。

 チャランボ1本しか持ってきてなかったので、渡船の備え付けを1本借りて陣地構築。沖のハナレに1人、真ん中の島にY氏と私という布陣、足元を平気で波が洗っててちょっと怖い。
 
 船長も心配だったのか暫く磯の周りで待機してくれてました。なんかちょっとでも不安にさせたら即時に他の磯へ移動させられそうだったんで、さも余裕といった雰囲気をアピールしつつ仕掛け作り。ウキ:V7の0、ハリス:2号、ハリ:速手の8号、ガン玉なし。

 まずは足元の際を重点的に攻める、しかしなかなか仕掛けが安定しない。暫く足元を攻めた後、ちょい沖のヨレに仕掛け投入で25cm。その後、断続的に同サイズが上がる。退屈はしないものの沖磯まできてこのサイズだけ釣ってるってのは如何なものか…。
 そうこうしているうちに潮位も下がりはじめ、磯が広く使えるようになる。地方のハナレの際と、割れ目からのサラシに狙いを変更。25~35cmがポツポツ。コマセに湧き上がっているわけではないが反応は悪くない。

 正午前後、潮止まり。
DSCF2018.jpg渡礁時が嘘だったかの様な、平和な磯へと変貌を遂げる。

 イマイチ型が上がらないので釣座移動、沖のハナレとの割れ目付近に陣取る。ジンタンを足して深めを狙いへと移行、水道からの払い出しとウキ周辺にコマセを打ちつつタナを探る。エサ取りが全然いなかったのでやり易かったです。で、ウキがにゅーっと沈んだので、ゆったりとアワセ。久々にイイ引きをするサカナが掛かる。

DSCF2021.jpgゆるドラグを一気に引っ張り出してくれた42cm。

 長いことこのサイズ釣れなかったんで嬉しい。磯が低くてタモ入れにエライ手間取らせてくれたことすら愛おしく感じられます。

DSCF2023.jpgメジナを持っての記念撮影も久々。

 俄然意気込んで追加を狙うも、当然の様に後は続かずちょこちょこと30cmクラスが釣れたのみ。合間にエギ投げたりしてみたものの不発。16:00に迎えの船が来て終了。

DSCF2028.jpgキープ分。

 まぁ、沖磯を存分に楽しめたので満足。港に戻ったら船長がワカメくれた。

DSCF2029.jpgどこの港もそうなんですが、ここにもネコがいました。

 道具を片付けながらネコと戯れ一日が終わる、善哉。


 23日(日)
 N氏とぶっこみ釣り。カサゴの一匹でも釣れるだろうとの予想は見事に打ち砕かれ、代わりにジャウタ(ウツボ)祭り。重いだけで走らないヤリトリを満喫。ちょっとイカを狙うが釣れない…。

 29日(土)
 フカセ強化期間につき、地磯。05:30に目覚ましを掛けたはずが起床は08:30、ゆったりと出撃。中山が空いていたので入る。波があって釣座が限られやり難い、ある程度重い仕掛けを使いつつ底付近を狙う。あわよくばブダイでも釣れないものかという下心も空しく、25と33cmのメジナ、あとハコフグで終了。フカセ後の夕マズメにエギを投げるもののカジメしか釣れませんでした。夜はメバルやろうと思ってたんですが、風が強くて断念。

 30日(日)
 根魚狙いでゴロタ穴掘り行脚、極寒の暴風に見舞われる。
DSCF2040.jpgしかも微妙に満ちてて穴が少ない。

 N氏が20cmくらいのムラソイを1尾ゲット。仕方がないので堤防のウツボ穴でジャウタ祭り、日が暮れたので帰宅。我ながら愚かな一日だったと布団の中で反省。




 そんなこんなで愚か者なりに釣りを楽しんでおります。
 あとやっぱりフカセが楽しいのでフカセ強化期間はしばらく続きそうです、今年はトーナメントにも出てみようかしら。



 おしまい。

スポンサーサイト

Hello World

 さて、年が明けてから結構経ちましたが更新です。

 2011年という時代がいつの間にやら到来していました、遅くはなりましたが謹んで新年のお慶びを申し上げる所存でございます。今年は、でっかいサカナをいっぱい釣りたいもんです。

 で、やはり年暮れから年始・現在に至るまでちょこまかと水辺をうろつく習慣が続いておりました。大したもんは釣れなかったんですが、これはいつものことなので気にしない。ヌル釣りライフが板に付いてきた気がしますな。

 そんな訳で時系列を遡りつつ述懐していこうかと。

 12月30日(木)
 夜、N氏と近所でメバル探索。ワームで探るものの反応無し、あまりにも釣れないもんだから気分転換にプラグを投げてみる。根掛り地獄かと思っていたところ、意外にもすぐ反応が返ってきました。
DSCF1988.jpg23cm、初めてプラグで釣ったメバルさん。
 
 かわいいサイズでしたが非常に嬉しかったです。ワームからプラグへ変更してからすぐの出来事だったんで色々と考えさせらました、偶然なのかどうなのか…。

 気を良くして続行しているとまたヒット。
DSCF1990.jpg26cm也。
 
 ちょっとサイズアップ。でも、まだまだ足りない…。「これはひょっとすると、今日はワームよりプラグの方がいいのかも知れない。」とか思いだす。更なるサイズアップを狙い、ルアーチェンジ。デュオのユラメキからバレーヒルのヤルキスティックへと変更。またヒット、そしてバラす。
 まぁ、前2匹と同じくらいの引きだったんで大したサイズじゃなかったとは思うんですが…、悔しい。その後はワームに戻したりしたものの反応がなくなり終了。

 31日(金)
 海から砂モノの気配がなくなり始めた。
 今までウィスキーにコーラを混ぜたものは『ウィスキーコーク』という名前だと思ってたんですが、最近は『ブラックハイボール』って呼ぶんですね。グダグダしてたら年が明けました。

 1月1日(土)
 初日の出を見がてら、いっちょ海にワンカップでも撒きに行こうと考えていたものの、目覚めたのは昼頃。モチを食いつつのんびり。夜はメバルやりに行きましたが釣れず。やれやれ…。

 2日(日)
 特に何もない一日、正月モード。

 3日(月)
 Y氏やら同級生が帰省してたんで遊びに行く。胴付き仕掛けにキビナゴを装着しぶっこむというまったり釣法、2011年の初魚はササノハさんでした。
 オハグロ、ササノハのループを繰り返しつつようやくカサゴが釣れる。
DSCF1992.jpgしかし、小さい。

 まぁ、こういう釣りも悪くない。

 8日(土)
 16:00頃から堤防でエギ投げたりとか。
DSCF1995.jpg釣れた。

 計ったわけじゃないんですが、キロ近くあったんじゃないかと。ぶっこ抜きの際はドキドキしました、記録更新。夜のメバルはダメダメな感じ。

 9日(日)
 夕方、泥鰌がいないものかとエギを投げに行ったものの、柳の下にアオリは不在でした。

 夜、N氏と深夜徘徊。いきなりハタンポが釣れ、その後メバルが登場。
DSCF1999.jpg25cm。

 久々の再会だったんで嬉しい。もっとデカくなって戻ってきてもらいたいですな。で、隣でやってたN氏にもメバル。
DSCF2002.jpg20cm。

 初のルアーメバルだったんで猛烈に喜んでました。シーバス、マゴチ、ヒラメ、メバルと順調にこちら側の人間になりつつあり、非常によろしい。

 糸がよれてきたんで結び直してキャスト再開。ググっとなってまたメバルさんが釣れた。
DSCF2004.jpg26cm。

 サイズはなかなか伸びませんが、釣れたのでよし。
 その後は風も出てきたんで撤退。

 10日(月)
 やりたい釣りは色々あるものの、なんだかんだで決めかね、気が付くと昼頃というパターン。
 サバの切り身とアサリをもってぶっこみ探索、カワハギ・カサゴと夢を見ていたんですが、現はベラとキタマクラ。引きずっていた正月気分もぶっとぶ貧果。

 14日(金)
 仕事終わりのメバル探索、釣れない…。

 15日(土)
 「風が強いなー、何狙おうかなー。」とか考えているうちに日が暮れる。「最近釣れねぇなぁ…。」というのが口癖になっていることに気が付く。



 そう言えば、フカセを全くやってないですが、一応フカセ強化月間継続中です。
 
 おしまい。
プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。