スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この間の釣果報告。

 さて、11月になりましたので更新です。前回の日記に書いたとおり伊豆へ行ってきましたのでそのお話です。
 

 K氏からのお誘いで決まった今回の釣行、主に西伊豆でフカセやらダンゴやらやって多数のメジナとクロダイを検挙してまいりました、まず最初に向かったのは松崎の新堤。
 夜中に東京を出発したので釣り場に着いたのはまだ真っ暗な時間帯でした、とりあえず近くにクルマを停めて荷物を準備してから堤防へ向かいました。
 堤防の付け根辺りではなにやら工事を行っていてもしかしたら釣り禁止かとも思いましたが堤防に入ってみても工事関係者の方々からは何も言われなかったのでたぶん大丈夫なのでしょう。
 空撮本で見たときは結構小さな堤防かと思っていたのですが実はかなり大きな堤防でした、先端部は延長工事をしているみたいなので俵島向かいの割と付け根付近に釣り座を構えました。とりあえず二人ともフカセで開始。
 私はいつも通りの0号全遊動で始めました、場所的に結構潮通しはよさそうな感じがしたのですが仕掛けを入れてみても全然流れないし潮受けウキゴムも潮を捕まえることなくふらふらとハリスの重さで沈んでいくだけでした、コマセも直下に沈下していくだけです。なんかヤバイ感じ…。
 エサ取りすらいない海に絶望しかけているといきなりリールから道糸が弾き出されました、タバコ吸おうとしていた瞬間でしたからまったくの不意打ち、気を取り直して釣り上げた魚はメジナ、推定20cm。
 再び仕掛けを投入するとまた同サイズが釣れました。コマセが効いてきたみたいです。
 4尾ほど同サイズのメジナを釣った私は竿を愛用のBB-X XT1・2号から最近入手したチヌ競技スペシャルⅡ 1号にチェンジ。軟らかいチヌ竿でサカナの引きを楽しむことにしました。
 この頃になるとエサ取りも元気になってきて足元のコマセには大量のスズメと10cm足らずの小メジナが乱舞していました。このエサ取り集団はなかなかかわいいヤツらでコマセでの分離作戦に素直に従ってくれます。そのおかげで特に苦労することも無く20cm級のメジナを連発できました。
 昼頃になるとそいつらと遊ぶのにも飽きてきたので休憩、堤防上で爆睡していました。
 

 松崎新堤での釣果。30cm未満のメジナ沢山、アジ数尾、サヨリ1尾。
松崎新堤防 メジナ

 クロダイは釣れませんでしたがなかなかいい感じの釣り場でした。

 さて堤防上で休憩した我々は次なる釣り場へと移動しました、今度は子浦です。ここの堤防は以前ジャパンカップに参加するために伊浜へ来た際通り過ぎたことがあるだけの場所で釣りをするのは初めてです。この堤防に着いたときは雨が結構降っていました。
 とりあえず先端に入りフカセ開始。潮はいい感じに流れています、期待できそうな雰囲気。ただ潮はいいのですがここはエサ取りがすごかったです、スズメに小メジナ、アジが沢山いました、表層のスズメや小メジナを避けても途中でアジが掛かってしまいなかなか狙いのタナまで付け餌が残りません、そこで練りエサの登場です。
 普段私は練りエサを使用することはないのですが今回は何が起こるかわかりませんでしたので一応持ってきてはいたのでした。仕掛け換えるのも面倒くさかったので00のウキのまま投入、小さなイシダイが釣れました。他に対処法も無かったのでそのままの方法で釣っていると今度はチャリコが釣れました。となりでやってるK氏も似たような感じ。
 そのまま暗くなりフカセ終了。そのままエギ釣りに突入するも不発、更に私は一本だけしか持ってきていなかったエギをロスト。もうどうでもいい感じ。
 ここでの釣果。20cmくらいのメジナ数尾、チャリコ3尾、小イシダイ2尾、アジ沢山。

 その後近くのコンビニで飯食って車内で睡眠、4時間ほど寝たところで移動。今度は田子へ向かいました。
 ここでもK氏はエギを振っていましたがエギを持っていない私は特にアテも無くルアーをキャスト。当然何も釣れる訳無くアオリも不発のまま終了。翌朝釣りする予定の静浦へ向けて出発。途中ダンゴ用の配合買いに沼津の釣具屋さんへ寄りました、ここで私は猛烈に心の琴線に触れたダンゴ用遠矢ウキ(小)を購入。
 静浦に到着するとまだ夜明け前ということもあってか釣り人の姿もまばらでした。普通カゴ釣り人ぐらいしかいない堤防ですが我々は敢えてフカセで挑戦しました、昼になったら内側でダンゴやることにしてまず入ったのは右側の先端。
 どんなサカナが釣れるのだろうかと期待しながら開始しましたが何も釣れませんでした、00で50メートルくらい流しても何も釣れない…。しょうがないので足元のコマセに群れてる小メジナを釣って遊んだあと移動を決意。K氏秘蔵の釣り場へ向かいました。

 このK氏秘蔵の釣り場は西伊豆にぽつんと伸びてる小さな堤防で潮通しがよく色々な魚種が狙える場所でした。先端部は先客がいたので堤防の中程、右側でダンゴやることにしました、ただその前に静浦で作って活躍することの無かったコマセを使い切るためにフカセ開始、ここでは静浦とは違い沢山のサカナが私たちを出迎えてくれました、エサ取りを含めてですが。
 それでも釣っていると28cmくらいまでのメジナがコンスタントに掛かってきてくれて静浦で負った心の傷を癒してくれました。
 午後になりコマセを使い切ってしまうと今度はダンゴの準備です。今回のブレンドはいつものチヌパワーではなく紀州マッハ深攻め。これに荒引きサナギをプラス、ついでに余っていたチヌパワーG2も投入。これらに同じく余っていたオキアミ半ブロックを入れてダンゴを作成。オキアミから水分が出たので水は入れなくても大丈夫でした。
 水深を測ってみると大体竿1本。さっき買ったウキをつけた仕掛けで開始です。
 と、ここで大事件発生。なんと足元不注意で愛用のヒシャクを折ってしまいました。かれこれ4年くらい使っていた二代目釣研マック65、長年苦楽を共にしてきた戦友(釣友)をこんな形で失ってしまいものすごく凹みました。
 10分くらい頭を抱えて座り込んでいましたがずっとそうしてるわけにもいかないのでダンゴ開始。彼(ヒシャク)の死を無駄にするわけには行かないと真面目に釣りました、しかし長いブランクがあるダンゴ釣り、なかなか思ったようにはいきません。
 本来ダンゴ釣りではかわすべき外道、ネンブツやら小メジナが連発し心も折れそのまま堤防上で不貞寝しました。
 

 冷たい風に目を覚ますと既に16:00。辺りも暗くなってきて夕マズメタイムです。のそのそと起き上がって釣りを再開しました。やる気も無くダンゴを投入、回収しようとしたところで奇跡が。
 なんか掛かってる!軟らかいチヌ竿を限界まで曲げて手にしたサカナはまさかのクロダイ。推定35cm。11・2 クロダイ

 突然の幸福に私と同様堤防上に転がっていたK氏をたたき起こし自慢しました。そして10分後更なる奇跡が発生してしまいました。トップを僅かに押さえるアタリにあわせを入れるとまたもやいい引き。タモに収まったのは先程のクロダイと同サイズのメジナでした。
 これら度重なる奇跡を目の当たりにしてK氏も釣りを開始しますがその後は何も起きずに終了。そのまま帰路につきました。
 ここでの釣果。クロダイ1尾、メジナ沢山、ネンブツ沢山、コバルトスズメ1尾。
11・


 様々な事件があった今回の釣行でしたが私としては最後の最後でいい釣りができ有終の美を飾ることができました。長距離の運転をなさってくれたK氏には感謝の念でいっぱいです、楽しかったな。






 相変わらずのぐだぐだ日記でした。最後まで読んでくれた方はありがとうございます。



 ヒシャク買わなきゃ…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。