スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主にヒシャクについての話。

 やらなければならないことは沢山あるのですが沢山有りすぎて何から手をつければいいのか分かりません。と、いう訳で更新です。 
 かといって特に話題がある訳でもないのでいつも通り内容の無い文章を徒然と書き連ねます。

 取り敢えずこの間の釣行で殉職なさったヒシャクについての話題。
 前の日記に書いたようにヒシャクが折れました。自分で踏んじゃって。
 予備のシャクなんてもの持ってないので新調しなければなりません、それで今度は何にしようか迷ってます。ちなみにこの度お亡くなりになられたヒシャクは釣研のマック65Sカップでした。
 初めてこのヒシャクに出会ったのは小学生の時、それまで150円のヒシャクを愛用していた私にとって近所の釣具屋さんに置いてあったこのヒシャクは憧れの的でもう欲しくて欲しくて仕方がありませんでした。ただその頃はまだ小学生の私、ヒシャク1つに2500円も費やせる程の身分ではありませんでした。なにしろコマセは配合オンリー、しかも一袋を1週間(週間釣行回数は約4回)使い続けたり、持ってるウキは殆ど拾ったものという清く正しい釣り少年だった私です。
 そんななか何を考えたのか友達がこのヒシャクを購入しました。「なんだか最近コマセ渋ってるよなぁ」とは感じていましたがなんとこの友達はヒシャクを買うためにコツコツと貯金をしていたんだそう、羨ましすぎるので試しに振らせてもらったところそいつ(マック)は私のヒシャクに対する概念を一新させるほどの衝撃をもたらしました。
 こうなってはもう辛抱たまらなく私もこのヒシャクを購入する決意をしたのでした。それからというものこの友人の横目にただでさえケチっていたコマセを更にケチり、ハリスもケチり、ガン玉もハリもその他色んなものをケチってお金を貯め購入の資金に当てました。そんな思いで貯めたお金を握り締めて釣具屋さんへ向かいお目当てのヒシャクを購入したときのドキドキ、達成感、満足度は筆舌に尽くしがたいものがありました。
 
 そんな幼少期の思い入れもあり私はそれ以来このマック65というヒシャクを愛用していました。初代は残念ながら流されてしまい海の藻屑と消えてしまったので今回折れたのは二代目です。
 
 ところで何故こんな昔話をしたのかといいますとまず単純に私のマックに対する愛情を示すため、そしてもう1つは時代の流れを示すためです。
 そう、私が初代マックを買ったのは小学生(たぶん6年生)の頃、もう7年近く前の話になるのです。しかもそれ以前にはもう既に発売されていたモデルなので詳しいことは分かりませんが恐らくもう10年以上のロングセラー商品になる訳です。
 釣りの世界は日進月歩、当然もう時代遅れと言われても仕方が無い部分も多々見られます。そこら辺が私の悩みの種なのです。その中でも主な部分はカップの素材。
 初代マックはカップが樹脂で出来ているのです。ところが現在ヒシャクのカップはチタン、もしくはステンレス製というのが主流。もちろん樹脂製カップもありますしフッ素加工などが施されていたりしてコマセ離れはなかなかいいのですがこれはどうしても使い続けると落ちてきてしまいます、特にクロダイ用の粘りのあるコマセを使用した場合などいつまでもこびりついてイライラすることになります。ヒシャクへの愛情故、1投毎にカップを水に付けるなどして対処してきましたがやはりストレスは溜まります。
 けれどここで他のヒシャクを購入することは彼(ヒシャク)への裏切り行為だとも感じてしまいます、困った…。

 そんな私が導き出した次期ヒシャク候補は釣研チタンマック。
 マックを製造していた釣研さんが時代のニーズに応えて発売したチタンカップ装備のヒシャクです。これなら同じメーカーの同じシリーズだし裏切りにはならないはず。しかしまたここで問題が…。
 なんと釣研さんのホームページを覗いてみても無いんです、チタンマックが、2・3年前に発売になったモデルなのに、初代マックはまだ載ってるのに…。
 いや、あることにはあるんですがチタンマックRGとかいうのになってます。なんだよそれ!オレが欲しいのはフツーの「チタンマック」なんだよ!!そんなHG(ハードゲイ)の相方みたいな名前のじゃないんだよ!!!

 良く分かりませんが「チタンマック」はグリップが2種類あって利き手に合わせて選べるという独特の形状をしていたのですがどうやらそれが不評だったらしくマイナーチェンジしたようです(全て私の憶測)。
 確かにトーナメンターは両手でヒシャク使いますし、利き手の反対側でもヒシャクを使えると言うのは最近の釣りでも重要な技術ですからまぁ納得は出来ます、結局は良心的?配慮でデザインした斬新なグリップ形状が仇となった訳なのではないでしょうか。
 納得はできる、しかしだからと言ってあのグリップはない。私は木製グリップがいいのです。
 百歩譲って木製じゃなくていいとしてもあの形状は受け入れられません。人間工学に基づいたんだかどうだか知りませんがアレ明らかに変でしょう。
 いっそのこと初代のマック買ってカップをチタンに付け替えようかなぁ、けどそれだとチタンマック買うのと値段同じくらいになるし頑張ってチタンマック(notRG)探そうかなぁ。どうせなら湯川シャク買っちゃおうかな、けどお金ないしなぁ…。





 そんなこんなで物思いに耽っている今日この頃。

 …今から課題レポート書きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。