スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『裏』磯大会の記録。

 さて、段々と更新のペースが落ちていますが私は元気です。なので更新します。

 先週末に学釣連の『裏』磯釣り大会があったのでそれらについて書いていきます、画像多め。

 7日(日)
 この日は全日本学生釣魚連盟関東支部『裏』磯釣り大会という名の「みんなで集まってのんびりと磯釣りとかしましょう会」が伊東沖の手石島で開催される予定でした。が、波が高くて渡礁できないと渡船屋さんに言われたので会場を富戸の地磯に移して開催することに。
 05:00に集合だったので04:30頃にY氏宅に向かい、Y氏とK内くん(次期磯釣り委員長)を乗せ出発。15分程度で到着、他の参加者は既に揃っていました。
 その場で前日に竿作さんで仕入れたオキアミを配布、ついでに各磯の特徴と競技のルールを説明しました。参加者は総勢9名。ちなみに会場として選んだのは御(宇)根、大根、ツバ根の3ヶ所で、参加者には行きたい磯を自由に選んでもらいました。結果、御根はS先輩とKANさん。大根にY氏とK内くん、マスターさん、skycasterさん。ツバ根が奏さん、ヒロキくん、私。

 06:00に磯に到着、競技開始。
 状況ですが、波は結構大きいものの風は弱く釣りはやり易そうでした。ただ、御根と大根に先釣者がいたのは予想外。まぁ、満員ではなく釣り座を確保できたのは不幸中の幸いでした。
夜明け@ツバ根。私たちが入ったツバ根の様子。雰囲気はバッチリ。

 波の影響でサラシがきついのが難点でしたがその分メジナの気配は充分、右側が波で使えなかったのでみんなで左側の高い位置に釣り座を構えました。のんびりヒロキくんに仕掛けの作り方を教えたりしながら過ごしていると一足先に釣りを開始した奏さんが早速メジナをゲット。
奏さん、早速メジナを捕獲。開始2投目の出来事でした。

 私たちも急いで参戦、最初の仕掛けはG5の全遊動でハリスは1.7。エサ取りもいないようだったのでコマセと付けエサを合わせるとすぐにアタリ。20cmあるかないか微妙なのが釣れたのでリリース。横では奏さんが連釣。
 徐々に反応が鈍くなってきたので沖の潮目に狙いをチェンジ。結構仕掛けが入ったところでもぞっとしたアタリがあり、上がってきたのは30cmクラスのメジナでした。
私の今回の釣果1。

 しばらくそのパターンで攻めているとまたアタリ、なかなかの引きを見せて上がってきたのは36cmでした、サラシと波のお陰でタモ入れが大変。
私の今回の釣果2。なんか不思議といい感じ。

 その後ヒロキくんが高場で苦戦していたので釣り座を交代、段々とアタリが遠のき風と波の威力が上がってくる。釣り座が向かい風になって釣り難くなってきたので私は一時釣りを中断して各磯を回ってくることにしました。

 で、最初に向かったのが隣の大根。
 先端で参加者が固まっていたので状況を聞いていたところY氏の竿がしなりました。
大根で釣るY氏。いいタイミング、流石。
 横で写真撮りつつ観戦、上がってきたのは20cmクラスのメジナでした。
Y氏、取り込み。

 大根もY氏が何尾かキープしたりskycasterさんが30アップを取り込んだりと状況は良好、てっきりツバ根だけが好調なのかと思っていましたが違ったようです。うかうかしてられませんな。

大根で頑張るマスターさん。立教と海洋大の1年生の2人も頑張っていました。

 大根で一仕切り話をした後は御(宇)根へと向かいました、先端に底物師が入っていたのでS先輩とKANさんは右側の低くなった部分で釣っていました。
御(宇)根の風景。この場所は風裏で和やかでした。

 暫し上から両者を眺めているとS先輩にヒット。大根に続き皆さんグッドタイミングでいい仕事をしてくれます。
御根で釣るS先輩。余裕でキーパーサイズ。

 下に降りて状況を伺ったところ、ここも好調みたいでした。なんでもKANさんが35クラスを上げたそうです。無理やり頼んで写真撮らせて頂きました。
KANさん、良型のメジナ。流石BX級の男、ナイスサイズです。

 そんな感じで各磯を巡った後、ツバ根に帰って真面目に釣りすることに。

 相変わらず風が強く、波も大きくなってきていて釣り難かったです。D-sus使ってみたりしたもののなかなか上手く流せない、おまけに仕掛けも思ったように入っていかない…。
徐々に強くなる風。風が強いので磯にへばりつきながら釣りしました。

 地上の状況が厳しくなるにつれてメジナも釣れなくなり、偶に釣れるのはキタマクラという惨状に…。
ヒロキくん、キタマクラゲット。でも嬉しそうだからいいか。

 途中、海面直下まで浮いてきたアオリイカを目撃したのでみんなで真剣にエギ付けて狙ったりしましたが釣れませんでした、残念。

 11:30、そんなこんなやっているうちに波が危険なレベルになってきたのでY氏に連絡して大会の終了を進言。どの磯も危なくなってきたようですんなり大会終了が決定しました。駐車スペースに戻り検量と表彰式を行うことにしました。

持ち込まれるサカナたち。続々とメジナが持ち込まれてきます。

 途中で見たとおり、どの磯も好調で多くの参加者がキーパーサイズ(20cm以上)を持ち込んでいました。30cm越えも結構多かったです。

検量風景。正式な大会ではなくとも検量はドキドキしますね。
 
skycasterさん、見事なメジナ。大根にいたskycasterさん、33cmで自己記録更新。おめでとうございます。

Y氏の釣果。Y氏はなんだかんだ言ってきっちりリミットメイクしていました。そんなに恥ずかしがるなよ。

KANさん、余裕の表情。KANさんはリミットメイク、並びに35cmのメジナを検量して満足そうでした。

一応ブツ持ち。私は結局2尾だけでした。ホームグラウンドなのに…。



 で、参加者全員の検量が終了したのでいよいよ表彰式、順位は3尾の合計長寸で決定します。今回は協賛を頂かずにY氏が個人的に景品を用意しました、私物から選んだそうでホントに頭が下がる思いです。ちなみに参加者9名中、サカナを持ち帰ったのが6名でした。上位陣はミリ単位での争いで、ハイレベルな大会となりました。では結果発表。


KANさん、優勝。王者の風格。

 優勝は立教大学のKANさん。第二回投げ大会に続いて栄冠を獲得、おめでとうございます。副賞としてステキな紙袋に入った釣具、雑貨多数。…あと老婆心ながら最近学釣連で優勝すると災いが降りかかるという噂がありますのでご注意ください。

準優勝はY氏。実力は相変わらず。

 準優勝はY氏。主催者として運営をしながらこの結果とは流石の一言、本当にお疲れ様でした。

3位の奏さん。どの釣りでも強い。

 3位は成城の奏さん。同じ磯で釣りしてましたがやはり釣りのセンスは抜群です。Y氏とは数ミリ差、サカナが生きていれば…。しかし、これで学釣連全種目入賞です。オールラウンダーの異名は伊達ではないことを改めて実感させられました。

4位はS先輩。ベテランの意地。

 4位はS先輩でした、入れ替えを行うほど数を釣るなどトーナメンターとしての実力はやはり本物。匹数は1番釣っていたのではないのでしょうか。

5位のバカ。相変わらずの間抜け面。

 私は5位でした、ホームグラウンドでリミットメイク出来ないとか…、どうしようもないです。一応最大魚は取れましたが情けないですな。

skycasterさんは6位。投げも磯も上手い。

 skycasterさんは6位。良型を上げるも数が揃わなかったのが響いたみたいです。しかしながら普段あまりやらないフカセで30オーバーを上げるとは凄まじい。

 以上がウェイインの結果です。景品は人数分用意してあったのでその後はじゃんけん大会となりました。

じゃんけんの部、優勝はヒロキくん。外道賞ならぶっちぎりだった。

 ヒロキくん、残念ながらメジナは釣れなかったもののサカナ自体は結構釣っていました。

じゃんけん2位はK内くん。次期磯委員長としての活躍に期待。

 K内くん、初めての磯だったそうで苦戦したみたいです。ただ、フカセ釣り自体は楽しめたようなので来年度の磯大会ではがんばってください。

じゃんけん3位のマスターさん。「磯・投げの立教」を引き継ぐ。

 マスターさん、K内くんと同じく磯釣り初挑戦だった様子。釣り方はしっかりしていましたが如何せん海の状況が厳しかった…。今後は立教大学のエースとして活躍してくれると思いますのでよろしくお願いします。あと景品のゲームが既にプレイ済みだったのは予想外でした。



奏さん、海洋大の部Tゲット。
 そんな訳でみんなで楽しく仲良く閉会式、奏さんが前から欲しがっていた海洋大の釣り部TシャツをK内くんと交換したりと和やかに執り行われました。

みんな揃って記念撮影。記念撮影。

 セルフタイマー使って集合写真、皆様楽しそうで何よりです。しかし状況説明がないと何の集まりだか分かりませんな…。(見方によっては聖地巡礼のようにも見えます、「ほら、ここが○○で出てくる通学路だよ。」みたいな。)


 で、色々ありましたが磯大会が終了。ちょっと早めの閉会式になりましたが各自それなりに楽しんでいただけたのではないかと思います。まぁ、後は帰るなり何なりしてくれてよかったのですが、そこは釣り好き(釣りバカとも言う)の集まり。これで終わる訳がない。

 そんな訳でみんなで伊東港へと移動して延長戦開始、余ったコマセも使わなきゃならんし…。ドライバーの方々は睡眠を取り、まだ元気の残っている人たちで釣りをしました。私はフカセとエギの道具を持って参加、白灯台の先端付近で竿を出しました。で、ここではメジナが入れ食い。
 全部20cm前後でしたが入れれば釣れるで楽しい時間を過ごせました。磯でメジナを釣れなかった人もここでは爆釣。
K内くん、メジナ捕獲。K内くん、おめでとう。

伊東港はメジナ入れ食い。KANさんのヤリトリ風景。

ヤリトリの1コマ。ヒロキくんも釣りまくり。

指導風景。鬼コーチ、S先輩にフカセの基本を叩き込まれるマスターさん。

全員メジナの顔は拝めました。みんなニコニコ。

 その後ヒロキくんが27cmのメジナ釣ったり、ナブラが立ったのでルアー投げたり(2投で飽きた)して和気藹々と過ごし、17:00頃に解散しました。


 1日中、笑顔が絶えず本当に楽しかったです。やっぱり仲間っていいものですね。大会に参加してくれた皆さんありがとうございました、もっと海が穏やかな時にまたみんなで釣りにいきましょう。あとこの日の画像ですがフォト蔵にアップしておいたので自由に使っちゃってください。




 無駄に長い日記になっちゃいましたね、こんな駄文を読んでくださった方々、ありがとうございます。




 おしまい。





 追伸:S先輩のアドバイスにより一部内容を訂正しました、以前の内容に不快感を覚えた方がいらしたら申し訳ありません。(12月10日07:30)

 






 
















スポンサーサイト

コメント

No title

大会お疲れ様でしたー!
いやー、MORI君と一緒の磯で釣りができてよかったです!
毎度毎度磯釣りでは勉強させていただいておりますわ!

どうも俺が磯やるときは雨だの風だのがおおいねw
次こそは晴れた日に…

そしてクロダイ釣りに行きましょうw

No title

お疲れ様でしたー!
いろいろ釣り場を見て回ったのに良型メジナを釣ってるあたりがさすがですねー
オレも3年でいろいろ面倒なことがこれからあるけど、来年もまた一緒に楽しみましょう!

No title

学釣連で公式に要項を出した大会じゃないから「第二回磯大会」じゃなくて「裏・磯大会」に名前は変更されたよ。
「第二回磯大会」だと公式の大会みたいだから、案内されてない人に仲間内だけで勝手に開催されたと思われちゃうかも知れないし・・・

俺も1年のときに学釣連関東支部磯釣り大会の情報を知るすべがなくて(ネットでも情報がなかったからね)、出場できなくて、その時は幹事の海洋大に腹が立った経験があるから、公式の大会とはハッキリ区別しようw

No title

皆様、お疲れ様でした。あと本当にありがとうございました。

kanadeさん
 はい、是非またご一緒させてください。…雨風の件については私も結構シケ男だったりするので…、申し訳ありません。

SHUEIさん
 いや、私のサカナは運だけでしたが…。お互い3年生ということで厄介なイベントも控えていますが来年も楽しく釣りしていきたいですね。
 あと、遅ばせながらリンク張らせて頂きました、これからもよろしくお願いします。

S先輩
 すみません、確かに誤解を招きそうな表現が含まれてましたね…、不特定多数の人が見る可能性がある文章なのでこれからはもうちょっと言葉選びに慎重になるようにします。お心遣いに感謝します。
 よろしければ今シーズンも一緒にメジナ狙いにいきましょう、今回の磯が屁でもないレベル(主に行き帰り道)の地磯にご案内致しますw、手石島にもリベンジしたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。