スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君を、忘れない。

 さて、実家から帰ってきたので更新です。私の場合「実家から帰ってきた」=「釣りから帰ってきた」なので今回も徒然と釣行の記録を書き連ねていきます、ではスタート。

 16(土) 13:00頃に実家に到着、昼飯食いつつ準備して14:00くらいにY氏を迎えに行く。宇佐美の釣具屋でエサを購入し釣り場へと向かいました、今回の釣り場は川奈の潮吹き。入釣が楽チンで足元から水深もある、宇佐美から近い、といい感じの釣り場です。
 当然人気も高く早朝から入らないと釣り座なんて残っていないのですがこの日は駐車場近くで工事をしていたためか1人しか釣り人がおらず自由に釣り座に付けました。
 私は一番奥、Y氏は私の右側に入りました。コマセを撒いてもエサ取りの姿は確認できず釣りやすそうな雰囲気、次に仕掛けを投入してみるとオキアミがそのまま帰還しました。しばらくそんな感じで様子を見ましたが変化はなく次に磯際に狙いを変更してみると一投目で20cmくらいのメバルが釣れました、一応ボウズは回避したと志の低いこと考えていると横で釣りしていたY氏の竿が大きく曲がりました、なかなかの良型が掛かったみたい。
 ヤリトリの末姿を見せたのは余裕で40オーバーの口太でした、メジャーを当ててみると43cm。デカ過ぎです。曰く、沖目でウキを完全に沈めた状態にしてたらキタ。とのこと。
 私も沖狙いに変更しましたがフグが釣れただけで殆どエサも取られない状態、そこで釣り座を更に奥に移動しハナレとの水道を狙う作戦に変更しました。細かいアタリにも対応できるように仕掛けも全遊動からウキ止め付けた半遊動に変更しタナをキッチリ決めて攻めるようにしました。最初は竿1本から開始。
 岩に腰掛けながらやる気なく打ち返していたところで「らしい」アタリ、つい嬉しくて叫びながら合わせましたが上がってきたのはフグ。死ぬほど恥ずかしかったです、けどチラッとY氏を確認したところ気付いていないようで一安心。
 10分後またしてもアタリ、今度は黙って目立たないように合わせました。そしたらなかなかイイ引き、30cmは確実そうです。
 足場が悪くて動けそうに無かったので座ったままヤリトリ、相手が弱ったところで移動、無事取り込み成功。計測してみるとY氏の43には敵いませんが38cmと私にとっては充分良型の口太でした。
 その後は何事も無く終了、夕食後に宇佐美港にエギ&ルアーやりに行きましたが何も釣れませんでした。


 17日(日) この日は家の用事でクルマが使えなかったので宇佐美のゴロタに行きました、中学の友達も誘って季節はずれまくりのバーベーキューしつつメジナを狙います、途中雪が降ってきたりとトラブルもありましたが25cm位のをアタマにメジナがY氏と2人で結構釣れました、ムラソイなんかも釣れて楽しかったです。この日感じたことはゴロタの場合コマセでサカナを寄せる、というのが結構重要だということです、釣り場が広くてサカナの密度が薄いのか特にそう感じました。


 18日(月) Y氏はこの日の朝に東京に帰ったため私1人の釣行。06:00位に出発、特に行き先は決めておらずだらだらとクルマを走らせなんとなく城ヶ崎の駐車場に到着。
 平日だからか駐車場はがら空き、さっさと準備を整えカドカケへ向かいました、先端部には先客が1人。横に入れそうでしたがせっかくだからと以前入って40cmが釣れたツバクロ島向かいに入りました。(12月の日記参照)
 前はY氏と2人で来たので入釣はスムーズでしたがやはり1人だと厳しい。道具を持って崖を下るのは大変でした。
 ここで私の釣り人生最大の事件が発生。バッカンを下に降ろそうとしたところ思った以上に磯の傾斜が急で、手を放した瞬間に配合2袋とオキアミ1枚、食料、デジカメを入れたバッカンが海へと向かって転がりだし大ジャンプ。
 大慌てで回収作業に入りました幸いエギロッドを持ってきてたのでエギを引っ掛けて回収しようと試みました、この時はデジカメも防水ケースに入れてあるしまだ余裕で回収できるとタカを括っている自分がいました。しかし何度試みてもエギがバッカンに引っかからない。しかもいい感じで潮が払い出していてバッカンはどんどん沖へと流れていきます。一瞬泳いで取りに行くことも考えましたがリスクが大きすぎるし釣り人のモラルとしても如何なものかと思ったので否決、60m位流れたところでエギによる回収は不可能と判断、静かに1人で大海へと旅立っていく彼のことを涙を流しながら見送りました。「僕は君の事、一生忘れないよ…。」
 

 一応先端の釣り人にもし潮の流れが変わってバッカンが流れてきたら一声掛けてくれるようにお願いし、釣りの準備に取り掛かりました。
 配合がバッカンと一緒に旅に出てしまったのでオキアミのみのコマセで開始することになりました、バッカンの流れ方からすると潮は足元から払い出し、中央部分でツバクロ島からの払い出しとぶつかって沖へと流れている感じでした。コマセの遠投ができないので足元に撒いて仕掛けは中央部の潮目に入るように調整しました。
 ただ釣り人のテンションが限りなく底辺だったためか大してエサもとられることなく2時間ほどで終了、さっさと家に帰って宇佐美港でルアーとエギ投げてました。そして当然の如くこちらも完全ボウズ。もうどうでもいいや…。

 だらだらと書き連ねましたが今回の釣行記はこれにて終了です、釣果だけで言えば38cmも釣れたし上々なのですが失ったものも大きかったです。デジカメ買わなきゃ…。

 




どなたかでシマノの白いバッカンEV40cm、肩掛けベルト付きで漢字一文字の名字が書いてあるヤツを拾ったら御一報ください。おしまい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。