スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジティブに生きたい。

 さて、本日ものっそりと更新です。


 授業が始まったので毎日のように大学に行くようになりました。で、ようやく春休みの腐った生活から抜け出せると思っていたのですが昨日またやってしまいました。

 あまりにバカすぎるのでここには書けませんが自分の超うっかりミスで大変なことに…。まぁ自分でミスって自分で被害を被るだけですからまだよかったのですが。
 自分のダメさ加減とか今後の生活とかいろんなことに絶望して(こんな言い方は好きじゃないのですが)本気で死にたくなりました。自転車のブレーキも壊れてるし、ホントにツイてない…。

 そんなこんなで完全鬱モードのスイッチがONになった状態でバイトに行ったわけです。仕事に私情を持ち込むわけにはいかないのでいつもどおり振舞おうと思っていたのですがやはりそんな状態では仕事のほうもなかなか思うようにはいきませんでした。


 でもそんな時、接客していたおじいさんが私に言ってくれたのです、「ありがとう、あなたは親切な人ですね。」と。

 ただのお世辞かもしれませんがこの一言で本当に救われました。

 なんだか小学校の道徳の授業でありそうな話ですが人の温かさというものをひしひしと感じ、急に生きる希望が湧いてきました。くよくよしたって始まらない、と。

 無事に鬱状態から回復してその後はバイト仲間と楽しく過ごせたというわけです。






 なんだか柄にも無い話を書いたせいで自分でも気持ちが悪いです、なのでウチのバイト先であったアホな話を1つ。


 私の現在のバイト先には落し物BOXと言って名前の通りお客さんの落し物、忘れ物を保存・管理するための箱が置いてあります。現金とかサイフといった貴重品はバックルームの金庫に保存しておくのですがちょっとしたもの、タバコやらライターやらはそこに入れます。まぁ大したものは入ってないわけです。
 で、この落し物BOXなのですが大体2・3週間に1回程度の割合でいかがわしい本とかDVDが入っているのです…。拾得場所は決まって男子トイレ。誰が何の目的で置いていくのかは考えたくもありませんが状況から見て同一人物の犯行と見てまず間違いは無いでしょう。

 普段なら「まーたあったよ、かなり特殊な趣味だよなー。」とかパラパラめくりながら笑い飛ばすのですが昨日は若干状況が異なりました。通常この様な”遺失物”は早いうちに人の目に触れない場所へ移動させるのです(女性スタッフもいるし)が昨日は新人スタッフが何も知らずに箱に入れたまま忘れ物を探しに来たお客様の目の前に出してしまったのです。

 更に間の悪いことに女性のお客様。何も知らない彼は一生懸命忘れ物のタバコを探しているのですがお客様の視線は例の本に釘付け、表紙には胸を露わにした少女の姿が…、しかもマンガだし…。
 私はそれを見て光速で落し物BOXを引っ込めましたがお客様は「いや、やっぱ見つかったのでいいです…。」と言ってお帰りになりました。

 この瞬間から新人T君(私と同郷)はお客様に公然とセクハラした変態野郎と呼ばれるようになりました。
 

 店の評判落ちなきゃいいけど…。






 そんな毎日、やっぱオレ鬱になるかも…。おしまい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。