スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学釣連磯大会とかの報告。

 さて、なんだか久々に更新する気がします。内容は先週末の釣行について。
 タイトルにも書きましたが15日(日)に全日本学生釣魚連盟関東支部の磯釣り大会が熱海沖の初島で開催されました。Y氏が運営委員長ということもあり私も(殆どしてませんが)準備の手伝いなんかして何かと思い入れのあるこの大会、どうにかこうにか無事成功したのでその報告を徒然としていきます。

 けど最初は土曜日の釣行について少し。
 
 14日(土)
 この日は翌日の大会に備え伊豆入りする大学の先輩とY氏とで釣りに行きました、この先輩は一昨年の学釣連の大会で偶然知り合った方でキャンパスは異なりますが私と同じ中央大学の方です。一緒に三宅島行ったり大会に出たりとお世話になってます。またマスターズの地区予選を勝ち抜いたこともある猛者でもあります。
 先輩との待ち合わせが08:30だったのでそれまでY氏宅で翌日の準備、協賛を頂いた各メーカーから届いた景品を分けてました。
 で、時間になったので出発、途中竿作さんでエサを購入し向かったのは先週も行った富戸、ツバ根。
ツバ根への道
富戸は入釣が楽でいいですね。

 御根や大根に人がいたので入れるかどうか心配でしたが幸いツバ根には先釣者は1人だけでした。S先輩は右側のサラシ、私とY氏は先端に入りました。
S先輩

 
 久しぶりの先輩との釣行なので張り切っていましたが状況は厳しかったです、まず一目見て分かるほど潮が動いていない上に小メジナが大量にいてもうお手上げ、Y氏が比較的まともなサイズを上げただけでした。
Y氏
私は木っ端とアイゴしか釣れませんでした。

 夜はS先輩とY氏そして磯・投げを読んで大会に参加してくれたA君が私の家に泊まりに来ました、皆さん釣り好きで話してて楽しかったです。


 15日(日)
 04:30宇佐美出発、05:00にはフェリー乗り場に到着してました。既に到着していた参加者と話したりエサ買いに行ったりしているうちに開会式が始まりました。
開会式の様子。
今回は全5大学、18名の参加者が集まりました。

 ルールの再確認や注意事項をY氏が簡単に説明した後、Y氏のコネクションにより招待したゲストの挨拶がありました。
豪華ゲストが登場。
なんとダイコーやサンライン、キザクラ等のテスターを務め雑誌にもよく登場する神保秀明氏と同じくサンラインのテスターである高橋氏です。

 両氏は横浜真ぐれ会の会長と副会長で今回の大会のためにわざわざ駆けつけてくださいました、感謝です。私は何度かお会いしたことがあったのですがやはり身に纏っているオーラが違います。

 そして出船、20分ちょっとの船旅で皆さん釣り談話で盛り上がっていました、私とS先輩は神保氏からハリスの太さが食いに及ぼす影響やヤリトリの基本の話をしてもらいました、なんかスゲェ説得力がありそれだけでレベルが上がったような気になってしまいましたよ。
船内の様子。


 さて、船が初島に近づき始めると周りの釣り人の雰囲気も徐々に変わってきます。そう、好ポイントを確保するための名物初島ダッシュの準備です。
 私は今回「あまりがっつくのもみっともないかも…。」などと日和ったことを考えていたため自重しましたが今年が学釣連最後の年であるS先輩は気合充分、すばやく移動しポールポジションをゲットしていました。
S先輩、初島ダッシュ準備完了。


 んで、初島に船に入港し競技スタート。S先輩が猛スピードで先端目掛けダッシュ!そのまま彼方へと消えていきました。
 そんな先輩を見送ってから私は先端は無理そうなのでテトラへと入ることに、A君もついてきたので一緒に釣り始めました。見た感じ潮はあまり動いてないみたいです。
 試しに仕掛けを入れてみると案の定流れがない…、しかも正面から吹いている風のお陰で上っ面だけが当て気味と最悪のコンディション。仕方がないので際狙いに徹するも足元にはマイクロメジナとネンブツが居座っていて非常に攻めにくい。
 キーパー未満を釣っては逃がし釣っては逃がしで一人悶々としていると隣の釣り人が30オーバーを釣り上げました、どうやら沖の深ダナで食わせたみたいです。これのお陰で希望が持てたので仕掛けをチェンジ。パイロット仕掛けの0の全遊動から0の半遊動、風の影響を考えなるほどウキ止めを付けて仕掛けが馴染むとジワジワ沈む設定にしました。深みにいるであろう良型を狙い打ちます。

 そして30分ほどが経過、相変わらず釣れてくるのは木っ端のみ。色々な考えが脳裏をよぎり鬱状態になりかけているとこでどこからか私を呼ぶ声が聞こえてきました。
 「とうとう幻聴が聞こえ始めたか…。」などと思っていましたがどうやら違う、声がしたほうを見ると先端で竿を出している神保氏が手招きをしています。何か用かと思い行ってみると「隣の人が変えるみたいだからそこ入りなよ。」とのお言葉。結果A級ポイントである先端外側に釣り座を構えることが出来ました、こっちはテトラと違いそこそこ潮も動いていて期待できそうです。早速仕掛けを投入するとあっさり25cmゲット。鬱状態から復活しました。
 小メジナは相変わらず多いですが先程までの惨状と比べれば大した事ないです、しかし後が続かない…。神保氏を見ると全層仕掛けを駆使しそこそこのメジナをポツポツ上げています、そしてなんと40クラスまで引き出してました。
やはり格が違う…。
すげぇとしか言いようが無い。

 氏のアドバイスにより私も仕掛けを全遊動に戻しました、エサ取りのなかにキーパーサイズが見え始めたので付けエサとコマセは完全に同調させます。そしてなんとかキーパーゲット。
こんなんしか釣れない…。
「べっ、別にこんなサイズ釣っても嬉しくなんかないんだから…、勘違いしないでよねっ!」

 せっかくテスター様の隣で竿を出しているので色々と質問してました、すごくためになる話ばかりでもうこれだけで来た甲斐があるってものです。仕掛けの選択とかね、もう今まで自分は何してたんだろうと思うくらい。

 そうは言ってもやはり大会というからには優勝を目指したいもの、しかしなんとかキーパーを取ろうとするものの思ったようにはいきません。そこで苦渋の決断、ハリスを落とすことに。
 40オーバーの可能性が高く尚且つ掛けた魚が足元のケーソン目掛け突っ込んでくる釣り場なのでハリスは2号を結んでいましたが取り敢えずリミットメイクすることを優先し1.2にしました。30超えるとちょっと厳しそうですがまぁ仕方ない。
 コマセには相変わらずの小メジナと初島名物の50cmクラスの観光メジナ、更にはメーターオーバーのヒラマサまでもが乱舞してました。「あいつら掛かったら一発でハリス飛ぶなぁ。」とか思ってましたが賢い彼らが私のような馬鹿者のハリに掛かることは当然無く杞憂に終わりました。
 で、競技の終了10分前くらいにまたキーパーサイズが釣れて終了。かなり辛い結果となりましたがなんとかリミットメイクは達成しました。いざ検量です。

検量風景。
ぞろぞろと島中に散らばった参加者が集まってきます。

 今回キーパーは20cmだったのですが何処も小メジナに悩まされたようでサカナを持ち込んだ選手は意外と少なかったです。順位はキーパー3尾の合計長寸で決まります。

 検量終了後は帰りの船が来るまで自由時間、ゲストによるフカセ釣り講座も開催され多数の参加者が見学していました。
ゲストによるフカセ釣り講座。
仕掛けの投入やコマセの打ち方等、初心者にも分かりやすく懇切丁寧に説明してくださいました。

 そして全層仕掛けについての講義中に只ならぬアタリ。ゲストによる想定外のヤリトリ講座へと変更です。
解説中にアタリ。
良型相手に余裕のヤリトリ。

圧倒的力量の差です。
上がってきたのはナイスサイズの尾長さんでした。始めて見る良型メジナとゲストの腕前に参加者一同感動してました。

 さて、熱海港に帰り閉会式&表彰式の準備です。
表彰式の準備。
今回の大会も多数の企業のご好意により多くの豪華景品が用意されました。

表彰式風景。
表彰式開始です。

 この大会では商品は上位の人から好きなものを取っていく形式なので1位からの発表になります、そして注目の第1位は…。「中央大学○○。」



 







 はい…、私でした…、すみません…。
 (一応)主催者の片割れであった私ですが空気を読まず全力で釣りした結果合計80cmで優勝できました。参加者の「おめぇかよ…。」目線が痛かったです。
何故か呼ばれちゃいました。
Y氏に「今日の感想は?」と聞かれテンパリまくって何言ったのかよく覚えていません。そしてまたしても空気を読まず前から欲しかったYOU・SHI製ロッドケースをゲット。オレ、超幸せ。

 2位はY氏、委員長である彼は流石に人が出来ているので商品は辞退していました。私なんかと違って大人です。

 3位はS先輩、悔しそうでした。
S先輩は3位。


 4位は立教のT先輩。第二漁港へ行ったそうでテトラで危険な目にあったと嘆いていました。
立教の方、4位です。


 5位は前日私の家に泊まった横浜薬科大学のA君、彼は新人賞も獲得です。
 6位は立教のFさんでした。(両氏は写真がなくて掲載できませんでした申し訳ございません)

 で7位は何度か一緒に釣りに行ったりしてお世話になっている成城の奏さん。
成城の奏さん、7位です。


 残念ながらキーパーを持ち込めなかった方々もじゃんけん大会でそれぞれ景品をゲットしていきました。
商品争奪じゃんけん大会。


 表彰式の終了後、ゲストである神保氏提供の景品争奪じゃんけん大会も開催され大好評でした。
ゲスト様提供の景品争奪じゃんけん。
私は写真係なので参加できませんでした、寂しくなんかないもん…。


 そんなこんなで楽しかった磯大会もトラブル無く無事終了。
関係者の皆様、お疲れ様でした。
主催者のY氏、選手の方々、ご足労頂いたゲスト様、協賛くれた企業様、その他にも協力してくださった皆様、本当にお疲れ様でした。また本当にありがとうございまいした。

 



 あとたくさん写真撮ったので一部ですが公開しておきます、もし欲しい方がいらしたらコメント欄か私のケータイにご連絡ください。
立教T先輩、インプレッサゲット。

奏さん、いい笑顔です。

S先輩、磯バックゲットでご満悦。

A君、5位と新人賞ゲット。

立教Fさん、アウラのライブウェルゲット。

成城のH君、ジャンケン大会に勝利。



 ホント色々あって楽しい大会でした、ものすごく疲れたけど…。秋にも開催する予定なのでまたお会いしましょう。




 おしまい。












 

スポンサーサイト

コメント

きちゃいました(^^)

ご無沙汰してます&了解しました!で、でも携帯からだと
写真が見られないみたいで・・・。しかし!
ロムが多いですけどまた遊びに伺いますよっ♪
http://furutoisshodayo.web.fc2.com/
こっちもまだやってるので気軽にどうぞ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プリンスキン

Author:プリンスキン
どうも、駄文垂れ流しブログ『さかな探し』へようこそ。
管理人のプリンスキンと申します。
こんなブログですが気に入っていただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

アドレス
SakanaSagashi(@)hotmail.co.jp
※()を外してご記入ください。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。